エレファントカシマシDB 2006/10/07(土) 日比谷野外大音楽堂 宵待ダルさんのライブレポート

一番下へ

宵待ダルさんのライブレポート

今回「参戦!」というより「三千人で宮本さんトコにおじゃましまーす」って感じでした。
確かに、曲によって出来が全然違いましたね。3時間近くの間、自分の血が沸いたり冷めたり繰り返すのを感じました。
沸点は『GT』『何も無き一夜』『友達がいるのさ』『地元のダンナ』『ガストロンジャー』『武蔵野』。
『GT』はイントロのアレンジがカッコよかった。♪っじゃ~~~~~ん♪て伸ばすところ。
『何も無き一夜』。ずっと「野音で聴きたい聴きたい聴きたい聴きたい」と念じてたので、うれし泣き。もう暗かったから泣き放題。
『友達がいるのさ』は、『あなたのやさしさ~』とともに今回の柱だったんではないでしょうか。数日前にサイトで公表された野音Tシャツのイラストを見た時点で、アタマん中にこの曲が流れてました。
『地元のダンナ』は、なんたってトミのドラムですっっってばよっ。
『ガストロンジャー』。初めて、身体が反応しないまま突っ立って聴きました。冷静に聴くのも悪くなかったです。
『武蔵野』。出だしで腹に力入れて踏ん張って歌ってましたね。今年は声が震えないように、去年の野音のリベンジ(大げさかな)だったんでしょうか。

月がきれいでした。(石君寄り端っこのほうの席だったので)通りを歩く人影も見えたりして『あぁ東京の秋の真ん中でこうしていられるなんてしあわせだな』と思いながら聴いてました。

これから、野音は《秋》にシフトするのでしょうか。^^悪くないですよ《ヲッサン》の季節です。

No.曲名回数
1ファイティングマン14回目
2歴史8回目
3明日に向かって走れ5回目
4甘き絶望10回目
5孤独な旅人5回目
6かけだす男6回目
7 GT初!!
8デーデ19回目
9無事なる男2回目
10 絶交の歌初!!
11 何も無き一夜初!!
12珍奇男10回目
13 寒き夜初!!
14友達がいるのさ5回目
15あなたのやさしさをオレは何に例えよう4回目
16生命賛歌12回目
17地元のダンナ9回目
18シグナル10回目
19 晩秋の一夜初!!
20 過ぎゆく日々初!!
21夢の中で2回目
22ゲンカクGet Up Baby2回目
23極楽大将生活賛歌2回目
24ガストロンジャー18回目
25なぜだか、俺は祷ってゐた。5回目
26流れ星のやうな人生7回目
27昔の侍8回目
28武蔵野13回目
29悲しみの果て29回目
30この世は最高!5回目
31花男6回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ