エレファントカシマシDB 2010/07/17(土) 日比谷野外大音楽堂 トルツメさんのライブレポート

一番下へ

トルツメさんのライブレポート

行けなかった人、衛星が観られない人も当然いると思うので、主観ばっかりだけど一応レポート書きました。録画を一度観てから。

「うつらうつら」の前に表で聴いている人に向かってコール。“外”ではなくて“表”と言っていた。隔たりを感じさせない言葉にじーんときた。嬉しそうなレスポンスが聞こえた。

序盤、成ちゃんが宮本さんに引っ張られてかなり前に出てきてくれた。位置的に成ちゃんのベースが良く見えてカッコよかった。
この日のエレファントカシマシSは、最後まで集中しているように感じられて、私もつられて気合が入った。いつもそうだけども。

登場、イエー、「おはようこんにちは」でスタート。暑くて汗が背中や腹を伝う。
続いて“ドビーッシャー”とボソッとつぶやき、歌い始めると空を貫く声、いつもながら圧倒される。
そして「ファイティングマン」。序盤ガツンガツンして欲しかったので嬉しい。もう暑くて暑くて、熱い。
そうかと思えば「うつらうつら」で、美しい旋律を聴くと秋風が頬を撫でた気がした。
「too fine life」。この曲が終わる頃、白シャツが絞れるくらいびっしょりになっていた。
「シャララ」はロックとクラシックと浪曲とか色んなものが混ざっている。ヴァイオリンと三味線が入ってもおかしくないと思う。伴奏だけ聴いてもどんな曲かきっと掴めず、宮本さんの歌のすごさがここにあると思った。
「道」。自分が聴きたい方向とマッチしていて嬉しい。シャツがシースルー状態になって着替えればいいのにと思った。前から2列目なのでよく見えた。奇跡的に手に入ったAブロックのチケット。
「人間って何だ」。まだアルバムを全て揃えていないので、初めて聴く曲があったりする。ロックだ。むちゃくちゃカッコイイ。単調に刻まれるリズムになぜだかドキドキした。“コーラス蔦谷好位置!この曲リハーサルでやったら、本番突然コーラス入れてくれました”蔦谷さんってすごい。
「星の砂」もロック。“埋めちゃうぞ!そんな歌です”一言に要約するとそうなのか。違うか。“ウォーイェーイェナー”が好きだ。やっと着替え。44歳の腹には見えない。
ここにきて「パワー・イン・ザ・ワールド」。ひええ。この後どこかで“一万回目の旅のはじまりだ!!”とか叫んでいた。今思うと迷ってこの曲にしたのだろうか。
「生命賛歌」ひええ。近いので獣の目が確認できた。でも集中して聴いているのに歌詞忘れ、同じ個所で2年連続はないと思います。大阪はよろしくお願いします。
長めのMCで休憩。若い頃髪を刈り上げていた理由が“それが男だろうと思って”というところが宮本さんらしくて良かった。
しみじみ聴いた、弾き語り「月夜の散歩」。一音一音しっかりと歌う誠実さに涙が出るかと。
このあたりからの流れが最高だった。「武蔵野」「幸せよ、この指にとまれ」「友達がいるのさ」「赤き空よ!」、新曲「歩く男」、「月の夜」。夕暮れから宵に変化する時間、今年は配分がバッチリだった。それと蔦谷さんのコーラスもそれぞれ綺麗だった。
新曲。一瞬が全てだと、光に満ちた思い出が証拠だと、宮本さんが歌うから泣ける。「幸せよ、この指にとまれ」と「赤き空よ!」の流れを汲むいい曲が聴けた。歌謡曲っぽい。レコーディングしたばかりだそうで、アルバムに期待せずにはいられない。
休憩がてら「月の夜」のMC、“月に無理やり感動して、ホントは大して感動してねえんだけどよ”というところがまた宮本さんらしくて良かった。
“死んでも生きてるって言う感じです”「ハナウタ」。自分が存在する世界は、時が紡がれ、他に影響されても生命が途切れずにいることを改めて思う。メロディアスで大好きな曲だけど掘り下げたくなるのは野音だからかもしれない。
「ガストロンジャー」で終わることを期待していた。本編の最後でもいい。この曲に間近で触れて、血と細胞が沸き立つ感覚がした。自分ではそんなエネルギーを生み出せないのに、エレファントカシマシSに連れて行ってもらえる。

アンコール「珍奇男」、歌い出し“つくえさん”と歌ってしまう。インパクトのあるイントロで、この曲はやり直しがきかないようだ。
「花男」と「デーデ」を終えて下手へ下がる姿に全部使い果たした感があったが、2回目のアンコールがありそうな気配で大丈夫だろうかと余計な心配をしてしまった。よく考えたらいつもそうだった。

2回目のアンコールに応え、白シャツを着ながら登場。汗で袖に腕が通らないのが見ていてもどかしかった。ボタンを一つだけ閉じて、新曲を歌う。フラフラでも声を振り絞るその姿にいつも胸を打たれる。このパフォーマンスに見合う人になれたらと思う。

個人的にこの日のセットリストはとても好き。どこを切り取っても流れがいい。
野音が終わってとっぷり暮れた、闇夜の皇居周辺を散歩し帰途に着く。4箇所蚊に刺されていて、いま痒い。まあそれも思い出。

No.曲名回数
1おはよう こんにちは2回目
2 ドビッシャー男初!!
3ファイティングマン9回目
4うつらうつら2回目
5 too fine life初!!
6シャララ2回目
7初!!
8 人間って何だ初!!
9星の砂3回目
10パワー・イン・ザ・ワールド2回目
11生命賛歌3回目
12 月夜の散歩初!!
13武蔵野3回目
14幸せよ、この指にとまれ3回目
15友達がいるのさ4回目
16赤き空よ!2回目
17 歩く男初!!
18月の夜2回目
19ハナウタ~遠い昔からの物語~13回目
20FLYER21回目
21ガストロンジャー12回目
22珍奇男11回目
23Baby自転車2回目
24悲しみの果て18回目
25花男3回目
26デーデ5回目
27 いつか見た夢を初!!


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ