エレファントカシマシDB 2010/07/17(土) 日比谷野外大音楽堂 たきさんのライブレポート

一番下へ

たきさんのライブレポート

いろいろと書くことを考えていたけれど、書けるかわからない。とりあえず、メモとして。

1.おはようこんにちは
2.ドビッシャー男
3.ファイティングマン
4.うつらうつら
5.too fine life
6.シャララ

ときたところで(ほんとにこの曲順だったかは定かではないが)、ぼんやりと、次は順番からいってアルバム「奴隷天国」からだろうか。まさか「道」とかやらないかな~、いやいや、私が聞きたいからといって、やるわけないよね……。

「シャララ」が終わって、ちょっと疲れたので座っていたら、「暇なやつだけ」って!!!

というわけで、月夜の散歩、too fine life、ドビッシャー男、人間って何だ、道、を初めて聞いた。

なぜか、そんなに好きではないというか、どちらかというと苦手だったはずの「月夜の散歩」で涙が出てきた。おそらく、宮本さんファンとしてではなく、曲を曲として聞けるようになったからだと思う(ファンとして聞くと、宮本さんと彼女が川辺をあるいている歌だ、とか想像してしまっていたから)。あと「Baby自転車」。あれは泣く曲なんだろうか……???

「ハナウタ」はやっぱりとてもいい曲だ。「死んでも生きてるぐらいの感じ」というようなことを言っていた。そうだと思った。

今回、CSの録画はできてないので、再放送のときになんとか。(実家に頼んでみる。)

「うつらうつら」、「月夜の散歩」は声のよさが際立つ。

聞きながらいろいろと考えていた。エレカシへの情熱は、一時期よりは薄れている。と言ってしまっては正確ではないけれど、ファンになったばかりの頃とか、ブログを始めたばかりで4ヶ月間月100個も記事を書いていた頃とか、その後ギターで弾き語りをしていた頃と比べたら、最近はエレカシへの集中力がなくなっている。そうなると、正直にいって、ライブを聞いていても、昔よりは感動も薄れている。(なんども言うけれど、そう言ってしまっては正確ではないのだけれど。)そして、それは、惜しいことではあるけれど、仕方のないことで、そうなってよかったのだ、と思っていた。苦しいおかげで聞けていたのだから。今は、一時期に比べたら、苦しくないから。(この状態が続きますように。)

などと思っていたら、「デーデ」が猛スピードではじまった。

あーっ、これについてはまだ苦しい実感があった! と思ってちょっと可笑しくなった。お金! 笑い飛ばせるといい。みんながお金に悩まされなくなるといい。でも、今度の不況はほんとにひどいから……。

ちょっと涼しくて、風も吹いてきて、快適でした。8時15分くらいに終わって、外聞きしていたツレ君と一緒に帰りました。

今回は体力が心配で、きっと座ったままでいるだろうと思っていましたが(だから外聞きでもおんなじかと思ってた)、結果は、3分の2くらいはやはり立って見て聞いていました。チケットを手に入れてくださった方、仲介してくださったかた、譲ってくださった方、ありがとうございます。聞けてよかった。楽しかったです。

No.曲名回数
1おはよう こんにちは4回目
2 ドビッシャー男初!!
3ファイティングマン12回目
4うつらうつら3回目
5 too fine life初!!
6シャララ2回目
7初!!
8 人間って何だ初!!
9星の砂4回目
10パワー・イン・ザ・ワールド2回目
11生命賛歌6回目
12 月夜の散歩初!!
13武蔵野5回目
14幸せよ、この指にとまれ2回目
15友達がいるのさ6回目
16赤き空よ!2回目
17 歩く男初!!
18月の夜3回目
19ハナウタ~遠い昔からの物語~10回目
20FLYER17回目
21ガストロンジャー25回目
22珍奇男11回目
23Baby自転車2回目
24悲しみの果て27回目
25花男6回目
26デーデ10回目
27 いつか見た夢を初!!


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ