エレファントカシマシDB 2010/08/01(日) 大阪城野外音楽堂 えれんさんのライブレポート

一番下へ

えれんさんのライブレポート

夏だし、太陽が照りつける構造だという事は十分承知ですがやはり暑い。でも始まってしまえばそんなこと少しも気にならない。
宮本さん、白シャツで登場。今日も6人編成のエレファントカシマシS。ドラムセットが台に乗ってない、ステージにフラットな設定だからトミの位置が低く感じた。今日の席は中央で、真ん中より少し前くらい。全体が良く見える。この会場はコンパクトだから一番後ろでも良く見えるのでは?1曲目、「明日に向かって走れ」からものすごく今日の調子がいいことが分かる。歌詞の情景が浮かんでくる。今日は最初から最後まで、1曲・1曲が心にズシン、ズシンと響く。いつもだけど今日は特にいろんな宮本さんを見ることができた。つくづく音楽に包まれているような人だと思う。「真夜中のヒーロー」は凄く色っぽい。「星の砂」ではいつも以上の動き。(踊り?)「珍奇男」では「ばかなのでしょうか~」の後にまじめな顔をして「バカなんスか?」なんていうから客席に笑いが。「too fine life」で石くんを前に。下手側に促し、ギターソロ。石くんの後ろ姿にこちらに戻れと手招きするがノリノリの石くんは気がつかない。歌の途中に「あんた、こっち」と言って戻した。ステージの上も、客席も楽しい気持ちでいっぱい。途中、宮本さんがピックを拾って台の上に置いたと思ったら、後で友人に聞いたらセミだったらしい。「四月の風」では歌終わりに本当にふわーっと風が会場に吹き、バックにはセミのものすごい鳴き声。野外のいいところです。アンコールの時間帯で「ハナウタ」って珍しいな、やわらかい感じで終わるのかな?と思っていたら「締めようぜ!(←この言い方がまた男っぽい)」と言って「花男」。客席との一体感があった。もう少しだけという、願いが届いて、アンコール2が始まる。「涙」。心にしみる。新曲で終了。シングル候補と言っていたけど、まだ本決まりではないのかな?最後に宮本さんが「いいコンサートになりました。お互い様だぜ!」と会場のみんなにぐるぐると手をまわしてみんなのお陰だと言ってくれていました。せいちゃんのベース、ものすごく良かった。トミはいつものパワフルドラムで髪の毛が逆立っていた。石くんはにこやかで。暑い中、すばらしいコンサートを有難う。エレカシSのみなさん。セットリストも、歌も、大満足な大阪でした。終わった後、エレ友さん達との話が尽きませんでした。

No.曲名回数
1 明日に向かって走れ初!!
2幸せよ、この指にとまれ5回目
3地元のダンナ4回目
4ゴッドファーザー5回目
5真夜中のヒーロー3回目
6悲しみの果て21回目
7うつらうつら3回目
8too fine life2回目
9シャララ3回目
10星の砂4回目
11パワー・イン・ザ・ワールド3回目
12珍奇男13回目
13歩く男2回目
14赤き空よ!4回目
15 はじまりは今初!!
16友達がいるのさ5回目
17ファイティングマン12回目
18FLYER24回目
19ガストロンジャー16回目
20リッスントゥザミュージック13回目
21四月の風3回目
22今宵の月のように19回目
23ハナウタ~遠い昔からの物語~15回目
24花男4回目
25初!!
26いつか見た夢を2回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ