エレファントカシマシDB 2010/11/20(土) ZEPP TOKYO ごづきさんのライブレポート

一番下へ

ごづきさんのライブレポート

ライブ前に赤羽をご案内していただく。デアのオムライス(食)こちらのチケットBBSでのご縁に感謝。
今回驚きの良番で成ちゃんの真ん前。キーボード無し、ドラムセットって結構手前に置いてあるんだ。バスドラにグッズのエンブレム。
「脱コミュニケーション」あのギターでの始まりイイ!冒頭から漲る。
「始まりはいつも」イントロで「!!」。“高速道路を走ってた頃”といえばアルバムgood morning、初聴き曲来た!。完全に「バンドの曲」になってる。照明の演出面白い(滅)
最近のシングル曲も“ロック度”が上がって聞こえた。「歩く男」ヴォーカルに呼応するギターがクリアに響くより、今日のように音の塊が鳴ってる方が好み。
「星の砂」目の前でハレンチなもの(2度目で抑えめの)まさぐり、股覗き。中央に戻りつつベルト抜く。どの曲だったか宮本が石くんと向かい合ってガニマタ対決。本日石くんガニ股キープ時間長し。下を向いた顔から汗が床に滴り落ちるのが見えた。
「男は行く」男イス(ボロい)の背を跨いで片足かけて、ギターはストラップ肩から外して抱え込むスタイルでスタート。これぞエレカシという曲だ。
アンコールはトミ汗グショのTシャツも着替えずにすぐ出てきた。「習わぬ経を読む男」の後、宮本が急に思い立ったように、「1曲弾き語り  寒き夜」と言い出し さ~むきよる と口ずさむ。スタッフが持ってきたアコギと黒のエレキ(ストラトなんでしょうか)から「こっちだと思うんですよね」と黒を選ぶ。石くんに「アンタは何もしない云々」は聴き取れず。その石くんにコードの正解を求めるも分からず、試行錯誤。声は良かったのでおまけと思えば得した気分。
「今宵の月のように」序盤宮本がソロギター弾きつつ、成ちゃんに指で2の合図を“分かれよ!“とばかりに出してたのは通じたのか落ち着いたと思ったら・・・表情がはっきり見えて、こちらもぐっと来た。「ファイティングマン」ではすっかり振り払い大盛り上がり。
ツアー初日から引き締まった素晴らしいライブだった。

No.曲名回数
1 脱コミュニケーション初!!
2新しい季節へキミと6回目
3俺の道8回目
4今はここが真ん中さ!8回目
5 始まりはいつも初!!
6 good morning初!!
7悲しみの果て24回目
8 彼女は買い物の帰り道初!!
9幸せよ、この指にとまれ3回目
10 明日への記憶初!!
11何度でも立ち上がれ4回目
12歩く男2回目
13星の砂6回目
14初!!
15いつか見た夢を2回目
16さよならパーティー8回目
17so many people7回目
18男は行く4回目
19デーデ14回目
20 習わぬ経を読む男初!!
21寒き夜2回目
22今宵の月のように19回目
23ガストロンジャー16回目
24ファイティングマン14回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ