エレファントカシマシDB 2010/11/27(土) ZEPP OSAKA しげさんのライブレポート

一番下へ

しげさんのライブレポート

ZEPP大阪の2日目のライブに行ってきた。
今回は、1階のスタンディングで参加。
わたし、スタンディング初体験!(o^^o)で、けっこう激しいと思い、心配していた。
(なんせわたし閉所恐怖症。満員ギューギュー出れない息できない状況は、怖くて息切れ冷や汗立ってられなくなってしまうから。)
でも、終わってみたら、超濃いライブを体感できた感じで、とってもよかった。
もちろん、エレカシのライブとしても最高のライブやったけど。
自分のスタンディング初体験としても最高の経験やった。

最初、石くんの前の6列目くらいにスタンディングの位置をとった。
で1時間くらい開演まで待ってた。これがおもいきり長い。待ちに待った感じがした。
で、暗くなって開演。宮本さんたちが出てきた。
と思ったら、突然右後ろからドーって押されて、一気に宮本さんの前あたりまで移動させられた( ̄~ ̄;)すごい押しだった。
でも、お客さんたちの熱気というか気合がすごかったみたいで。
宮本さんも、「期待と圧迫感がすごいですね」とか言ってた。

押されて宮本さんの前のほうへ移動したおかげで、宮本さんが近い。前から6列か7列かそれくらい。
前の人たちの頭と頭の間から、宮本さんが近くに見える。
目がとてもとても綺麗!キラキラしてる!
写真で見る宮本さんと同じ顔。。。当たり前か。。。(=^_^;=)
そして、ちょっとした前の人の頭の動きから隙間が開いたりするから、そのときに、成ちゃん、トミ、石くんが見える。石くんはわりと見えやすかった。

「脱コミュニケーション」から始まる。
「あの風のように」もやった。
今日も「good morning」のキラキラチカチカのドライブにも連れてってもらった。
「何度でも立ち上がれ」
「いつか見た夢を」
「幸せよこの指にとまれ」
「旅」
どの曲もいい。
みんないっぱい腕をあげて、エレカシに応えてた。
「明日への記憶」では、宮本さんが、また目が覚めて「ああまた生きてるのか」って思うって言ってた。

「男は行く」の途中で、宮本さんが「大丈夫?」って最前列の男の人に向かって言った。
あれ?とか思って、誰か具合悪い?とか思ってたら。
宮本さん演奏を途中で止めて、そのお客さんをじっ~と長く見てて。
「大丈夫ですか?係りのお兄さん、係りのお兄さん(って係りの人を呼んでた)」で、結局はその人は大丈夫だったみたいで。
で、宮本さん、「(自分のことを)人の良さが出てしまいました」って言ってた(o^^o)
そして「みなさん、気分が悪くなったら、吐くなり出て行くなり自由にしてもらっていいですからね」って言ってた。
そして、また「男は行く」を再開。
今日一番のアクシデントで、でも一番印象に残った感じ。そのときの宮本さんの顔がとても優しかった。

「夜の道」弾き語りの前に、「ほんとうに二人の影が揺れるのかどうかを、石くんと一緒に歩いて確かめた」って言ってた。
なんだあ、石くんと並んで歩いたのか(o^^o)って、とってもほほえましかった。
「石くんは、照れてましたけど」って。
これも、なんだか、嬉しいエピソードやった。

アンコールで出てきたとき、石くんのとこのあたりに汗がいっぱい落ちて濡れてたようで。
宮本さんがそれを見て石くんに「これ、あなたの汗?すごいね」って言ってた。

途中で、どの曲のあたりか、
宮本さんが、「こうやって楽しいときも。。。。。。さようなら」っていうことを言ってて。
ああ、やっぱり始まったライブは、どんなに楽しいときでも、終わりはくる。
人が生きていても、いずれは死が訪れる。。。そんな、ことを一瞬で考えさせられた言葉やった。

それと「ライブは、その日によってぜんぜん違いますね」とも言ってた。
今日のライブはとってもいいと感じてくれてるのかな、とも思った。

「星の砂」は手をひらひらさせるのを、みんな一生懸命やった。
「風に吹かれて」のときは、腕を右へ左へゆらゆらさせるのをみんな一緒にやった。
そしたら、宮本さん「いいですね、参加している感じで」ってみんなに言ってた。

最後のほう「ガストロンジャー」で、みんな一緒に腕を挙げて「オーオーオー胸を張って」って合唱した。
わたし、参加したライブで初めてみんなで合唱した(o^^o)いい体験だった。一体感がすごかった。
ラスト「ファイティングマン」で、もうすごいみんな飛んだり跳ねたり腕を挙げたり、ノリノリで、
わたし押されたりぶつかったりなんかわけが分からなくなって、初めて身の危険を感じた。
ちょっと恐かった。スタンディングの宮本さんの前あたりは、こんなに動きが激しいのか。。。と感じた。
みんなこれで終わりって思ったから、せいいっぱいエレカシに応えようとしてた感じやった。

で、最後、宮本さんも名残惜しそうにして、帰っていった。
そして、お客さんたちも名残惜しそうで。
これで終わりってなってからも、まだみんなが残っていて、ずっとずっと拍手してて。ぜんぜんみんな帰らなかった。わたしも一緒になって残って拍手して、もう一度エレカシが出てきてくれるんんじゃないかと思って、待ってた。
けども、やっぱり、もう終わりで係りの人が終わりましたので、って帰るのを促された。
仕方なく諦めて帰ってきた。
そんな、とてもとても盛り上がったライブだった。

No.曲名回数
1脱コミュニケーション2回目
2新しい季節へキミと2回目
3俺の道2回目
4 あの風のように初!!
5始まりはいつも2回目
6good morning2回目
7悲しみの果て5回目
8彼女は買い物の帰り道2回目
9幸せよ、この指にとまれ4回目
10明日への記憶2回目
11何度でも立ち上がれ2回目
12歩く男3回目
13星の砂4回目
142回目
15いつか見た夢を3回目
16さよならパーティー3回目
17so many people3回目
18男は行く2回目
19風に吹かれて3回目
20夜の道2回目
21今宵の月のように3回目
22ガストロンジャー5回目
23ファイティングマン3回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ