エレファントカシマシDB 2010/11/27(土) ZEPP OSAKA だいだいさんのライブレポート

一番下へ

だいだいさんのライブレポート

二列目ほぼ真ん中で見た。宮本さんを中心点にして皆がぎゅーっと心と体を寄せ
あったような濃い雰囲気漂うライブで、始終皆、ひとつだった。宮本さんも
それを感じたようで、2、3曲歌った後のMCで「皆の期待(熱気?)と圧迫感を感じます」と
真摯な表情で述べていた。(嬉しかったんだと思うけれど、顔はいたって真面目だった)

気力で突っ切るようなライブではなく、聴き応えもあるし、パワーもあるし、温かい雰囲気も
あるし…と、とてもとても良いライブだった。


どの曲もすばらしかった。
「夜の道」では少しコードは怪しかったけれども、前日のようなボロボロ状態
にはならず。歌声もすばらしかったけれど、口笛が完璧すぎて美しかった。
どの曲か忘れたが、曲の後、拍手がずっと鳴り止まなくて、小さくなりながらも続いていて
…そうしたらまたもっと多くの人が拍手し始めて、結局二度拍手が起こった。
その時の宮本さんの何とも言えない表情が印象的だった。(表情といえば、
気分が悪そうなお客さんを不安そうな顔で凝視しながら歌う姿も初めて見る
ものだった。)


「男どもよ。今日はオレの完全勝利だ。」
(*「男どもよ」だったか、「男達よ」たっだかは定かではない)
という捨て台詞を残して舞台から去っていった宮本さん。

お客さんも帰れないのかずっと二度目のアンコールを待ち続けた。
ライブが終わっても会場周辺で人がなかなか立ち去らなかった。
余韻の残るライブだった。


【ライブ翌日の私的な出来事】
ラジオをつけっぱなしにして寝ていたら朝の9時から「おはようこんにちは」がかかってい
いてそれで目が覚めた。朝のさわやかな番組にこの選曲とは「???」だったけれど、
ライブ直後にこんな目覚めは嬉しい。
(この放送局、OVER45に焦点をあてたラジオ局で、エレカシを流しているのも聴いた事が
なかったのに、もしかしてエレカシ解禁?)





No.曲名回数
1脱コミュニケーション2回目
2新しい季節へキミと8回目
3俺の道4回目
4あの風のように4回目
5始まりはいつも2回目
6good morning2回目
7悲しみの果て16回目
8彼女は買い物の帰り道2回目
9幸せよ、この指にとまれ6回目
10明日への記憶2回目
11何度でも立ち上がれ2回目
12歩く男4回目
13星の砂4回目
142回目
15いつか見た夢を4回目
16さよならパーティー6回目
17so many people3回目
18男は行く3回目
19風に吹かれて6回目
20夜の道2回目
21今宵の月のように13回目
22ガストロンジャー13回目
23ファイティングマン11回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ