エレファントカシマシDB 2011/06/01(水) オリンパスホール八王子 Ayuさんのライブレポート

一番下へ

Ayuさんのライブレポート

オリンパスホールは出来たばかりできれい。音の感じが今のエレカシにとてもよく似合っていて、良かったです。また来て欲しいな。照明がいつもより凝っていた様に感じます。素敵な照明でした。ステージの感じと相俟って、とても演劇的に見えました。エレカシのライブでは演劇を見ているかのように感じる時があるなあと思っていたけれど、今日はとりわけそうでした。宮本さんは役者だなあ…。

前半はリズム隊がとても素敵で、高緑さんと富永さんばかり見てしまいました。特に、座席の位置的にも、ホールの席の造り的にも富永さんがいつもよりよーく見えてよかった。歩く男で、「初夏の夕暮れ」「小学校の横の道」などなど、あちこち歩いていた。なんだかじんとした。

珍奇男からは一転、宮本さんに惹き付けられ。珍奇男のアコギの部分が音がきれいでしたね。“おじさんがおっとっと、おばさんがおっとっと、お嬢さんもおっとっと”、“おっとっと、おっとっと、すっとこどっこい、おっとっと”というアレンジも楽しかった^^
そして東京の空!筆舌につくせないとはこのこと。あの素敵さは、どうも言葉で言い表せない。いつまでも記憶に残り続けると思う。演りおわった時の鳴り止まない拍手はすごかった!
幸せよ、この指にとまれは、ほんとうに幸せ〜な気持ちになるふわっとした歌声にうっとり。この曲がお披露目されたばかりの頃は、どうかな?って思っていたけれど(ゴメンナサイ)今やライブで聴くのが楽しみな曲の一つです。

ひまつぶし人生で、“我慢づよき人達の、堪え忍びし姿あり”の時会場のみんなをぐるぐると指さしているのが嬉しかったです。宮本さんからのエールのようで。
FLYERでは、最初の方石森さんはひらまさんと向き合ってのヘドバン奏法だったので、宮本さんがちょっと寂しそうにしてた様に見えました^^で、サニーさんの方むいてギター弾いてましたね。石森さんとヘドバンしたかったのね。富永さんのドラム、最高。
ファイティングマン、宮本さんが舞台端のそこそこ高さのあるスピーカ?モニタ?アンプ?に片足を乗っけていて、かなり足が高く上がっていて、体柔らかい!足細い!と変なところに感心してしまった。ステージにかなり奥行きがあって、宮本さんかなり後ろの方までぐるっと走っていって、並べてあるギターとか譜面代とかがなぎ倒されていった。スタッフが3人がかりでもとどおり。宮本さんがなんだか無邪気な少年のようで、おもわずニコニコしてしまいました。「みんなファイティングマンに認定します!」とのお言葉で、ファイティングマンに認定してもらえてとっても嬉しかった!
われんばかりの拍手。そしてWアンコール。ガストロンジャー。ガストやファイティングマンでサニーさんにからむ時の宮本さんは、ちょっといじめっこモードだと思う^^ 愛のあるいじわる。の時の宮本さんの表情、すき。(石森さんをいじるときとか。)

今回初めてエレカシライブを見る友達を誘ったので、感想が新鮮でした。「終わった後の帰り方が、ぱっと潔く帰ってかっこいい」との事で、そうそう、そうだよね!あと「エビバデ!」ってかけ声が印象に残ったらしい。私はもう慣れてしまったけど、確かにライブ初めて見たときは、おおっ!?て思っていたな〜〜などと思い出しました。なんでか印象に残りますよね。

No.曲名回数
1moonlight magic3回目
2おかみさん6回目
3脱コミュニケーション5回目
4悲しみの果て15回目
5彼女は買い物の帰り道3回目
6歩く男4回目
7九月の雨2回目
85回目
9いつか見た夢を4回目
10戦う男2回目
11珍奇男9回目
12 東京の空初!!
13明日への記憶4回目
14赤き空よ!5回目
15夜の道2回目
16幸せよ、この指にとまれ8回目
172回目
18悪魔メフィスト3回目
19地元のダンナ3回目
20 ひまつぶし人生初!!
21友達がいるのさ5回目
22FLYER12回目
23ファイティングマン11回目
24ガストロンジャー13回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ