エレファントカシマシDB 2011/06/11(土) 名古屋市公会堂 ぴょろれいんさんのライブレポート

一番下へ

ぴょろれいんさんのライブレポート

EKDBのチケット掲示板のおかげで親切な方にチケットを譲っていただき、今ツアー2度目の参戦が叶いました。ありがとうございますっ!!!

さて、名古屋市公会堂は重厚な石造りで、内部も“近代建築”の香り漂ういい感じ。
他のレポにもあるとおり、宮本さんの好きなホールのようですね♪
集まったファンも、初々しい方?は見当たらなくて、エレカシ愛が強くライブ慣れしたファンが多いように見受けました。

そのせいか、宮本さんが本当にリラックスして歌っていました。
中盤までは、チューニング不良なのか、ギター音のずれが気になるところもありましたが
そんなモヤモヤを吹き飛ばす程の 宮本さんのパワーボーカルと富永さんのパワードラム!!

アンコール前にスタッフがいつもより念入りにギターを調整した後は
もぉ~完璧な演奏と、会場一体となったすごい盛り上がり!! 楽しかった♪♪♪
宮本さんも「今日は沢山来てくれてありがとう!」と言っていたけど、広すぎないホールは2階席までほぼ埋まっていて、しかも一体感十分。いいライブでした。

まだレポされてないことで印象に残っているのは…
◇宮本さん「俺たちも含めてここにいるみんなに捧げます」と言って、「悲しみの果て」♪
◇「彼女は…」の曲紹介で「女の人はこうかな?と思いながら作ったんですけど、まぁ作った自分は男なんですけど、男の人もこうかな、と…。1日の中の一瞬の輝きを歌った曲です」ただでさえ泣ける曲なのに、この宮本さんのコメント聞いた時点でうるっときた。
◇「九月の雨」やっぱり良かった!きっとステージごとに違った歌い方・表現になるのでしょうね。歌を聴いているというより、ひとつのドラマを見せられているような感覚…もはやこれは“ヨロレイン劇場”ただただ圧巻!
◇MCで「2階の人見えますかー?」と声をかけ、皆が手を降って盛り上がってる中ボソッと「見えるよな。見えるように造ってある」
◇「I am happy」の紹介で、「アルバム聴くと5回ぐらい聴かないと何言ってっかわかんないんですけど、実はとても味わい深いということに、自ら気づいた曲」と。
◇「珍奇男」途中で宮本さん、左に石君を呼び 右に高緑さんを招き寄せて3人並ぶ。そして「高緑おっとっと おっとっと高緑」(笑)
◇「シャララ」も良かったなぁ。うっとり聴いてたら、直後に宮本さん「みんなに捧げます」と神妙に言うから、ものすごい期待で待ってたら・・・「極楽大将」がキターッ!(爆笑) 
◇最高潮の熱気で「FLYER」以降も突き進む。「ファイティングマン」も「花男」も血が湧くねっ♪
◇最後の「ガストロンジャー」は、もちろん大盛り上がり。ステージから宮本さんが「みんな いい顔してるぜ!」と叫んだのが嬉しかった♪

No.曲名回数
1moonlight magic2回目
2 ゴッドファーザー初!!
3脱コミュニケーション2回目
4悲しみの果て2回目
5彼女は買い物の帰り道2回目
6歩く男2回目
7九月の雨2回目
82回目
9いつか見た夢を2回目
10 I am happy初!!
11珍奇男2回目
12 漂う人の性初!!
13明日への記憶2回目
14赤き空よ!2回目
15夜の道2回目
16幸せよ、この指にとまれ2回目
172回目
18悪魔メフィスト2回目
19 ココロのままに初!!
20 シャララ初!!
21 極楽大将生活賛歌初!!
22 FLYER初!!
23ファイティングマン2回目
24 花男初!!
25ガストロンジャー2回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ