エレファントカシマシDB 2011/09/24(土) GG11 天気雨さんのライブレポート

一番下へ

天気雨さんのライブレポート

ヒロト&マーシーからのエレカシ、日本のロックの醍醐味を味わえた素晴らしいイベント。
クロマニョンズが凄くて、ぼわーんとした。生きる伝説。
これは次はどうなるかな…って思ったけど、エレカシも当然かっこ良かった。

去年のGGもすごくソリッドでカッコいいライブだったのを思い出した。
このイベントのときは、荒々しくて男らしいシャープなエレカシが観れるんだなと思った。

戦う男、疾走感に溢れていた。

脱コミュ〜の最初、宮本さんの叫び声、今まで聞いた中でもいちばんくらいの叫びだったように感じた。
最初声だと認識出来なくて、そういう新しい楽器かなーと思ったら叫び声。
本当にこの方の声帯は一体どうなっているのであろうか。

悪魔もまさかフェスで聴けるとは思わなかったけど
野音がとても包容力に溢れた選曲だったので、ここでこの攻めのセトリにしたかったのだろうか。
ギュッと音が詰まったカッコいい演奏だった。

声がかすれるのもまたロック。
かすれ声も、ただのそこらへんのヴォーカリストじゃないからとてもセクシーでちゃんと聴かせる。
完璧なショーのような予定調和ライブではなく、いま、まさに、感じている、生きている、
というのがエレカシライブの最大の魅力だな、
…とまた、野音に引き続きそう感じたイベントでした。
(当たり前のことなんですが。)

サニーさんのキーボードが歌と演奏に寄り添うようなすてきな鍵盤で好きでした。

そしてジョージはさらに宮本さんのことを好きになったことでしょう。





No.曲名回数
1悲しみの果て36回目
2戦う男2回目
3風に吹かれて11回目
4いつか見た夢を15回目
5脱コミュニケーション13回目
65回目
7悪魔メフィスト8回目
8ガストロンジャー27回目
9ファイティングマン29回目
10今宵の月のように24回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ