エレファントカシマシDB 2011/10/01(土) 大阪城野外音楽堂 しげさんのライブレポート

一番下へ

しげさんのライブレポート

待ちに待ったエレカシの大坂野音に行って来た!
宮本さん、力いっぱい歌ってた!!ノッテタ!!
体をいっぱい使ってた!!感動してた!!
宮本さん、大坂野音を、とっても楽しんでいてくれたと思う(^0^)/
ほんとによかった。
宮本さんが楽しいと、わたしたちも嬉しい。
いいライブだった。

ただ、個人的な贅沢を言わせてもらえるなら、
わたし、かなりかなり後ろの席だったので、宮本さんの表情とか見えなかった(わたし目が悪い)から、
もうちょっとだけでも前の席になりたかった。それが残念。
これは、かなり欲張りなこと。でも、ほんとの気持ち。

最初みんなが舞台に出てきたとき、石くんが緑色の頭だった(^0^)/
超びっくり!!
思わず、「石くんの頭が緑!」と、言ってしまった(=^_^;=)
それもとても鮮やかで綺麗な緑色。緑緑緑していた。すごい。
宮本さんが、石くんはこの日のために髪の毛を緑色にしてきたと言っていた。
でも、宮本さんが石くんに「床屋さんでやってもらったのに、粉が落ちてるよ」とか言って、
石くんはタオルで顔をしっかりと拭いてた(=^_^;=)はは

「理想の朝」から始まった。
生まれて初めてのリハーサルを外聞きして、そのとき「理想の朝」ばかりリハーサルを何度もしてたので、
ああ一曲目は「理想の朝」かなとある程度予想していた。
ら、やっぱりそうだった。
「理想の朝」「脱コミュニケーション」から始まった。
いよいよという感じ。

日比谷野音とおおまかには同じセットリスト(EKDBさんを見せてもらって)の流れだったと思う。
でも、ちょっと変えてきたところもある。
「ろくでなし」が、とっても良かった!!
なんかね、感動した。
この曲で、空を見上げてしまった。

宮本さんの舞台一人での弾き語り。
「月夜の散歩」
素敵な声だった。
静かになった野音の客席。
みんな聞き入った。
最後の一音まで聞き入った。
そして、ゆっくり拍手が鳴り始める。
それから長い長い拍手。鳴り止まない。
ほんとうにすばらしい歌。
そして、「サラリ サラ サラリ」
これも聞き入った。今現在野音に居ることを忘れる感じだった。
よかった。
ほんとに、野音の会場を、宮本さんの歌とギターが飲み込んでた。

「定め」
「勉強オレ」
は、わたし、特に好きな曲。
嬉しかった。
「ラストゲーム」
キリスト偉いから始まる、これも好きな曲(o^^o)
ライブで聞くと、また違って聞えていいね。

「新しい季節へキミと」
これも、会場盛り上がった。
一気に盛り上がった感じ。

長いMCが一箇所だけあって。
今度発売のライブDVDのことについて。
宣伝になるけどって言って、話初めて。
昔から今までの映像を見ると、変わっていて。
宮本さん、手で波を描いて(のぼりくだりのエブリデイって感じの)、変わってるってことを言いあらわしてた。
で、儚いですねって。
芸人は儚いって言ってた。
音楽家も芸人かしらんね。
宮本さんは、はかない。。。と思ったのか。。。
で、話が長いですか?って聞いてた。
ううん、ぜんぜん長くないよ。もっともっとしゃべってくださいm(_ _)mってみんな思った。
でも、ここで話が終わってしまう。

アンコール一曲目の「四月の風」は、
おお、大坂だからやってくれたんやね、と思った。
で、素敵な曲やね、、、と思って聴いていた。
ら、最後の”四月のかぜ~~”と伸ばすところを、宮本さんが歌えてなかった。
あれ??。。。。
声に詰まってる。
もしかして、宮本さん、感極まって泣いてる?
遠くの席から見てるから、ぜんぜん表情が分からない。
確かなことはいえないけども、宮本さん、ちょっと泣いてたんじゃないかという気がする。

アンコールの最後の方にやってくれた、「笑顔の未来へ」
これは、宮本さんがみんなに声かけてから始まったから、
急遽やることになったのかしら?と思うけど。
よかった。
気迫がこもっていて、迫力があって、そして力強くて。
なんか、どーんとこちらへ届くものがあった。
CDとはぜんぜん違う、とてもとても力強い、「笑顔の未来へ」だった。

「ガストロンジャー」のとき、宮本さんの動きがやたら激しい。
蔦谷さんのそばで、高速の踊り?のような異常に早い動き。
すごい。
会場のみんなも、ああ、終わりだ、終わりに近づいてる、、、そんな意識もあってか、
もうみんな精一杯思いっきり腕を挙げていた。
オーオーオーオー!!!!胸を張って!!!!
何度も何度も腕を挙げた。

「ファイティングマン」これもものすごい盛り上がり!!
一生懸命腕を振り上げたり、
宮本さんが両手を上に挙げて手をたたくしぐさをしたら、すぐに会場が一斉に両手を上に挙げて手をたたいたり、
体をゆらしたり、飛んでたり、
みんな自由にそしてノッテそして力いっぱいエレカシに応えてた。

最後のアンコールで「今宵の月のように」が終わって、
そして、宮本さん、とても静かに静かにゆっくりとギターを舞台に置いて。
そして、”また会おう”って両手を挙げて言ってくれた。
で、終わってしまった、今年の大坂野音。

宮本さん、エレカシSありがとうm(_ _)m
温かい自由なエンジョイできた、そして迫力があった気迫がドンドンこちらに届いてきた、
そんな素晴らしいライブになった大坂野音だったと思う。
素晴らしいライブをありがとうm(_ _)m

No.曲名回数
1 理想の朝初!!
2脱コミュニケーション7回目
3 定め初!!
4 ふわふわ初!!
5悲しみの果て9回目
6 ろくでなし初!!
7 一万回目の旅のはじまり初!!
8 勉強オレ初!!
9 太陽の季節初!!
10 甘い夢さえ初!!
11 秋-さらば遠い夢よ-初!!
12 月夜の散歩初!!
13 サラリサラサラリ初!!
14 ラスト・ゲーム初!!
15風に吹かれて5回目
16明日への記憶7回目
17ハナウタ~遠い昔からの物語~6回目
18新しい季節へキミと5回目
19男は行く3回目
20四月の風5回目
21 生命賛歌初!!
22幸せよ、この指にとまれ9回目
23友達がいるのさ2回目
24笑顔の未来へ3回目
25ガストロンジャー9回目
26ファイティングマン8回目
27今宵の月のように5回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ