エレファントカシマシDB 2012/06/30(土) Zepp Fukuoka showさんのライブレポート

一番下へ

showさんのライブレポート

 当日券ありだったが結構満杯。よかった。客の平均年齢が下がった気がするのは私だけ?キーボード側の前から10列目くらいに背の高い男子が固まっていたので、そこで気兼ねなく見る。[約束]をじっくり聴き入ってたら、歌詞がなんか違う?!印象に残ったのでメモした。「自分の弱さに揺れながら街を行く 足早に」のところを「北風吹きすさぶ真冬の街 マフラーに 顔うずめ」だった。きっと何度も書き直したうちのひとつ又は原型だろう。あまり季節感を出すとライブでやりにくいとか。でも気に入ってるから歌ったんだろう。マフラーに顔うずめて行き交う人を見ている宮本さん。絵になる男は違う。
 
 [旅]!「あーそれっでーどーなるぅーわけもなくぅー」の展開と、ダカダカダカダカ弾けるトミのドラムがたまらないのだが、ここで客電が全面点灯し突き抜ける感じ。照明さんもわかってらっしゃる。
 
 ギター持ちかえ、ミヤジの勝手なリフが始まり、トミだけ合わせてきたので新曲?と思ってたらそのまま終わってしまった。[珍奇男]の終わりでもメンバー紹介しなかった。本編では[飛べない俺]で「下手くそですけど、ピアノで作った曲なので」と言っただけ。ちょっとだけミスるところを全員で見守る感じ。本編終盤の選曲は静と動が交互にくる。
 
 アンコール。白シャツから白シャツに着替えて登場。[so many people]終わりでギターを持ち替えた石クンにミヤジが何か言ったら、またギターを持ち替えようとしたた、が、またミヤジが何か言ってあわててるうちに[ガストロンジャー]のリフを藤井さんが弾き始めた。
 
 [ファイティングマン]では、ボタン全部引きちぎって胸板を見せながらあおる。「私にとっては数多くのライブの1日だが、今日が初めての人がいるかもしれない」これはボブ・ディランのお言葉。職業上ロックバンドのあるべき姿。

No.曲名回数
1大地のシンフォニー4回目
2悲しみの果て87回目
3地元のダンナ13回目
4東京からまんまで宇宙5回目
5約束3回目
6ココロをノックしてくれ4回目
7Darling3回目
8穴があったら入いりたい3回目
9ゲンカクGet Up Baby4回目
1010回目
11珍奇男39回目
12ワインディングロード5回目
13七色の虹の橋4回目
14世界伝統のマスター馬鹿3回目
15飛べない俺3回目
16我が祈り4回目
17今宵の月のように64回目
18風に吹かれて38回目
19ガストロンジャー72回目
20ファイティングマン47回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ