エレファントカシマシDB - 絆

一番下へ

作詞:宮本浩次 作曲:宮本浩次 YANAGIMAN

どこまでゆけば俺は辿りつけるのだろう?
ただ光を集めて歩き続ける旅さ

揺れる心のままで何を言

曲名 - アーティスト
iTunesで見る

分類/日付タイトル
ライブ
COUNTDOWN JAPAN 08/09 東京
10 曲目   
ライブ
COUNTDOWN JAPAN 08/09 大阪
14 曲目   
シングル

1 曲目  6'17" BPM=152
シングル

4 曲目  6'17" BPM=152
シングル
絆 初回限定盤
1 曲目  6'17" BPM=152
シングル
絆 初回限定盤
4 曲目  6'17" BPM=152
ライブ
日本武道館
18 曲目   
ライブ
ARABAKI ROCK FEST.
11 曲目   
アルバム
昇れる太陽
3 曲目  6'15" BPM=152
ライブ
新潟LOTS
8 曲目   
ライブ
ZEPP SENDAI
8 曲目   
ライブ
ZEPP SAPPORO
8 曲目   
ライブ
ZEPP TOKYO
8 曲目   
ライブ
ZEPP TOKYO
9 曲目   
ライブ
高松オリーブホール
8 曲目   
ライブ
ZEPP FUKUOKA
8 曲目   
ライブ
広島クラブクアトロ
8 曲目   
ライブ
ZEPP NAGOYA
9 曲目   
ライブ
ZEPP OSAKA
9 曲目   
ライブ
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO
6 曲目   
DVD/VIDEO
桜の花舞い上がる武道館
18 曲目   
ライブ
渋谷C.C. Lemonホール
8 曲目   
ライブ
渋谷C.C. Lemonホール
8 曲目   
ライブ
大阪厚生年金会館大ホール
8 曲目   
シングル
幸せよ、この指にとまれ(初回限定盤)
6 曲目   BPM=158
ライブ
ZEPP FUKUOKA
26 曲目   
ライブ
仙台Rensa
20 曲目   
DVD/VIDEO
ROCK'N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011
17 曲目   
DVD/VIDEO
ROCK'N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011
37 曲目   
ライブ
渋谷公会堂
23 曲目   
アルバム
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日
5 曲目   
アルバム
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 A
5 曲目   
アルバム
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 B
5 曲目   
アルバム
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 B
20 曲目   
アルバム
THE ELEPHANT KASHIMASHI live BEST BOUT
5 曲目   
ライブ
フェスティバルホール
10 曲目   
ライブ
フェスティバルホール
10 曲目   
ライブ
日本武道館
10 曲目   
ライブ
日本武道館
10 曲目   
DVD/VIDEO
新春ライブ2019日本武道館
10 曲目   

セットリストが不完全の為『ライブ』として表示されているものは正しくない可能性があります。

ハンドルネームレビュー
kazy「向き合えば切なく 振り返れば眩しく」 「手にすれば果敢なく 追いかければ苦しく」 名言です。
ken円熟したエレカシならではの絶品バラードだが、端々に初々しさとも言うべき新鮮味が感じられる。製作環境の変化と、彼ら自身の変化によるものだろう。本格的に新しい季節が到来した。 とはいえ季節は巡っても、いい気になったり落ち込んだりして、陽がしづみまた陽が昇ることには変わりない。 いつでも風は吹いている。この街でもう一度はじめよう。
show「俺の青春は終わったけれど」「夢も希望もいらねぇよ」「死ぬまで俺また走るんだ」「素直に今を生きられりゃあどんなにいいだろう」「不器用にこの日々ときっと戦ってる」「明日輝くために息も切らさず走り抜けた」「当たり前の毎日を積み重ねる」 夢を見るより、ぶざまな現実の中で必死に生きていこうじゃないか。そっちの方が輝いているぜ。というメッセージかどうか知らないが、一言「ドーンと行け」表現する宮本浩次が好きだ。 絆。ここでも「夢でも幻でも俺は構わない」と歌う。 叫ばずに”男”を表現するようになってからの宮本浩次の最高傑作!彼には声という最大の武器がある。少年合唱団で基礎を学ばせたお母さんにも感謝なのである。それを最大限に引き出す作曲能力と年齢を重ねて更に洗練されてきた詩。その3つが見事に一致したこの「絆」。泉谷しげるがまた悔しがるだろう。 出だしのボーカルを抑えることにより心の中にゆっくり沁み込んでいき、感情が満タンになってあふれ出す。人それぞれの溢れた感情は涙になって零れ落ちる。人前で聞くのが心配な名曲である。
たんと♪先日の大阪厚生年金でのコンサートの際、ふと気付いたら涙が頬をつたっていました。 自分が苦しい時支えてもらった曲は自覚する前に涙腺を緩めてしまうようです。 きっと私が死ぬまで支え続けてもらうんだろうなぁ。。。
つかさ初めて聴いたときの感動は忘れられません。 歌詞もメロディーも歌もすべてが素晴らしい。 そしてホントに心をこめて一生懸命歌う宮本さんの姿、目に焼き付いています。 どうしたらみんなに伝わるだろうって、一生懸命考えて、一生懸命作って、一生懸命歌ってるからこそ、こんなに心に響くんですね。 素晴らしい曲です。大好きです。

一番上へ