エレファントカシマシDB 2005/08/26(金) 大阪城ホール HIMOさんのライブレポート

一番下へ

HIMOさんのライブレポート

広い広い会場内、アリーナ席から天井近くの席までびっしりの人人人、その上立ち見までずらっと取り巻く中、レーザー光線と左右の巨大スクリーン、派手な照明にスモークで、そういうライブに慣れない自分はステージ前面から一斉に吹き出した花火に思わずのけぞってしまった。オレンジレンジの若いファンのプロペラタオルに仰天し、KREVAの正直だが、感情むき出しの長MCとCD宣伝にやや閉口し、その時を待った。ついに我らがエレカシ登場。会場内の反応良く、スクリーンに映し出された宮本は髪を切って、若返って見えた。「すまねえ魂」では「探してる~女じゃねえ。」が印象的。次の「悲しみの果て」「今宵」では観客の「わぁ!」という歓声と手拍子。お前ら貧乏人に聞かせてやる、と言って、「デーデ」。「もう引退したかと思ったろうけど、こんな大きなとこに呼んでくれてありがとう!ほんと死のうかと思ってた。」旨のことを言う。最近言わなくなったエビバデをけっこう叫ぶ。大きなホールでやってた頃を思い出すのか??キャラもはじけていて、当時の宮本っぽい。「明日に向かって走れ」「4月の風のように」は心持、会場も静かめで、私としては、POPでもアップテンポな曲が良かったかな。最後に「ガスト」でビシッと決め、そっけないくらいの態度で退場。かっこ良かった!  けっこう人気あった、良かった・・・と安心。したのもつかの間、次の「スピッツ」登場でケタ違いの歓声を聞き、なんだか意気消沈。オレンジレンジファンがそのままスピッツファンにそっくり入れ替わったみたいだ。国民的スターバンドってことか・・次々演奏されるヒット曲に手拍子もできず、ただ突っ立ってました。奥田民夫もゲストで加わり、大盛り上がり。さらにシークレットの平井賢も加わってイベントは最高潮に達した。最後の曲は奥田民夫選曲のSHOGUNの「俺たちは天使だ!」これはもう手離しで良かったです!ロックロックにふさわしいエンディングでした。それにしても出演者の中で真のロックミュージシャンはエレカシだけなのでは?という不思議なタイトルイベでした・・・

No.曲名回数
1すまねえ魂3回目
2悲しみの果て12回目
3今宵の月のように9回目
4デーデ13回目
5明日に向かって走れ7回目
6四月の風7回目
7ガストロンジャー8回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ