エレファントカシマシDB 2006/01/07(土) なんばHatch 夜空の向こうにさんのライブレポート

一番下へ

夜空の向こうにさんのライブレポート

その革ジャン、熱いから早く脱いだら?って思ってしまった、大阪なんばHatchの巻。
さて、この度のライブ。久方ぶりでした。夏以降、オフィシャルの方からも大した活動の
近況すら教えてもらえず、よくファンクラブ会員でないエレカシファンの方から、ファンクラブ会員ならばきっとエレカシの情報を知っているはずであろう!と思われていましたが、そんなこたぁありません。一体メンバーは、「生きているのか?」とさえ思っていました。そんなこんなで新しい年を迎えた2006年。オフィシャルから一通の年賀状が届きました。メンバー4人の写真とメンバーからの新年の挨拶。そして、春のNewアルバムの発売と東京と大阪のマンスリーライブの告知でした。その年賀状を見た途端、がっかりした自分とピースをした石君の写真ににやけたもうひとりの自分がいました。がっかりした自分が言いました。「なんで全国ツアーがないんじゃ!?」と。。。地方在住の私には、きっつい告知でした。そして「一体何を考えているのかまったくわからん。」と。。。それは、オフィシャルサイドとエレカシ自身に対してのものでした。そんな寂しく不安な気持ちと久しぶりに会えるメンバーに嬉しい気持ちが入り混じったまま私は、大阪に向かいました。でも、そんなこんなで始まったライブも始まったら始まったでとても楽しかった。大阪のファンのアットホームなノリや宮本さんの喋ることを何も考えていないMCやまだ完成まで時間をかけそうな新曲群が聴けたから。ライブの始まる前の気持ちをふと頭の片隅に追いやって、「こうなりゃ楽しまなきゃ自分が損するかも!」という気持ちに切り替えた。それがとてもいいライブ、自分が楽しめたライブになったという結果になった。帰りの新幹線の中、「大阪は確かに遠い。東京はもっと遠い。でも、ライブに行きたくてたまんない奴だけ行けばいいんだ。」と思った。エレカシのメンバーは、きっとファンの気持ちのまったく存在しない場所で、自分達の求めている探しているものを新しいアルバムに詰め込む作業をしているだろう。でもそれは、いつものことだ。それを繋ぐパイプとなるオフィシャルの存在価値が疑問だ。「もっとフォローすべきじゃないのか?オフィシャルよ!」な~んて。。。ここで書いても仕方ないけど(笑)春の大阪は、暖かくなっているだろうか?楽しみです。

No.曲名回数
1 理想の朝初!!
2化ケモノ青年7回目
3悲しみの果て12回目
4 真冬のロマンチック初!!
5誰かのささやき2回目
6 甘い夢さえ初!!
7星の降るような夜に4回目
8すまねえ魂6回目
9甘き絶望2回目
10 見果てぬ夢初!!
11 地元のダンナ初!!
12 I don’t know たゆまずに初!!
13花男5回目
14 シグナル初!!
15 やさしさ初!!
16デーデ9回目
17四月の風7回目
18ガストロンジャー6回目
19珍奇男6回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ