エレファントカシマシDB 2007/05/26(土) 日比谷野外大音楽堂 ねむさんのライブレポート

一番下へ

ねむさんのライブレポート

昼間は中央線の奥のタウンにある妹の家でミニパーティ。でもしっかりソファで仮眠をとり、中央線と丸の内線を乗り継いで、去年に引き続き休暇をとらせた姉と参戦。生涯随一の「いい席」であった。ずっと立って、目玉を見開いて4人(とツタヤ氏)を凝視しつづけた。でも個人的にはもっと後ろの方がいいなあ(すみません)。あの席は宮本とは案外目が合わないんですよファンの皆様。showさんも書かれていたがハンディビデオが6個以上働いていた。他の方のサイトの情報では撮った映像は某地方局で流れるらしい。DVD化してほしい。開場10分後についたのに、グッズ販売が締め切られたのにショックでした。こころに残った曲「偶成」「月の夜」「武蔵野(ちょっとグダグダなのが難)」「風に吹かれて(こっちは後半普通にバンド)」そしてユーミンのカバー「翳りゆく部屋」。宮本のカバーソングアルバム希望。もちろんオール原曲キーで。なぜ大阪で「サムライ」でこっちがユーミンだったのかという疑問に対し姉が「ジュリーは関西(京都)、ユーミンは東京出身だからでは?」とスルドイ見解。でもジュリー→京都というのが微妙。宮本世代で大阪出身というと、世良正則&ツイストとかいいのではないか?でも特徴的すぎてモノマネになってしまう危険ありか。観客の男性率は大阪よりは少なめ、しかしその中にあまり若くないというか宮本や自分らのおじいちゃん世代か?のとっつぁんがたの団体(けしてダ○屋には見えなかった)がいたのが印象的。バンドの誰かに呼ばれたのか。ツタヤ氏はすっかりバンドの仲間扱いされていましたね。本業もがんばってください。4人がじっくり見られていい夜でした。選曲も東京らしく渋くてgood!新曲もだいぶこなれて来ていた。タイアップしてちょっとでも売れるといいけど、「俺たちの明日」を大阪に引き続いて2回やったのは宣伝効果を狙ってのことなのか。でもいい曲だからいいけど。

No.曲名回数
1夢のちまた2回目
2俺たちの明日4回目
3四月の風9回目
4 偶成初!!
5奴隷天国6回目
6悲しみの果て18回目
7上野の山2回目
8てって6回目
9DJ in my life2回目
10愛の日々2回目
11 翳りゆく部屋初!!
12風に吹かれて9回目
13あなたのやさしさをオレは何に例えよう4回目
14笑顔の未来へ2回目
15I don’t know たゆまずに7回目
16生命賛歌7回目
17今宵の月のように15回目
18ガストロンジャー13回目
19ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ2回目
20月の夜4回目
21so many people10回目
22星の降るような夜に6回目
23武蔵野9回目
24なぜだか、俺は祷ってゐた。6回目
25俺たちの明日4回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ