エレファントカシマシDB 2009/10/24(土) 日比谷野外大音楽堂 ちゃーこさんのライブレポート

一番下へ

ちゃーこさんのライブレポート

初めて立ち見での野音。今年の野音チケットは本当に激戦でした。

石君側の立ち見2列目。最初にステージを見たときは「結構良く見えるな」と
思ったのですが、コンサートの始まりとともに席に座っていた皆さんが一斉に
立ち上がると、ステージはほとんど見えなくなりました。。。

1曲目、「夢のちまた」!伸びのある美しい声。でも最後の「あぁ今日も夢か幻か」の「あー!!」はド迫力でした。
続いて「俺の道」。この歌ほんとうーに大好きだ!またしてもすごい迫力。
そのあと3曲はライブでは初めて聴く曲。どの曲もすごかった!
「石橋たたいて八十年」は、こちらのDBを拝見してまだ一度もライブで演奏されていない曲とのことだったので、リハーサルで音が聞こえたときには驚きました。
「暮れゆく夕べの空」、「10月は日が暮れるのが早いですね。時間の計算を間違えました」

その後、何の曲のときだったか、ふとキーボードの席が見えたとき、「ん?蔦谷さんがいない?」
何度見てもいないので、「もしや今サポートなし?!」最近は全曲蔦谷さん&ヒラマさんがいらっしゃるのが当たり前となっていたので、まさかの展開でした。そして、それに気がつかない自分にがっかり。。。
久々に聴く4人だけの演奏、とても嬉しかったです。町丘のときのツアーを思い出しました。
「いつもの通り」、初めて聴いたけどやっぱりCDで聴く何倍も良かった!

このあとは激渋続きでもう「かっこいー」の連続。
「季節はずれの男」、雨が降っている中での「雨の中俺は遠くへ出かけよう」、野音ならではのはまり方でした。
それから「地元の朝」!「今日は月がちょっときれいじゃん」からの展開が大好きで、CDで聴いていても鳥肌がたつのですが、生はもうそれはそれはすごくて、頭のてっぺんから足の先まで震えがきました。

アンコールの「Sky is blue」、とても苦しそうでした。翌日リベンジしてらっしゃったように思います。

29曲、本当にありがとうございました。

終わってから、自分の手をみたらお風呂上りのようにふやけていました。。。

ステージはほとんど見えなかったのですが、唯一ずっと見えていたのがステージ袖にいらっしゃる丹下さん。
割とノリノリで見ておられて(「おかみさん」のときの石君と先生のギターバトルのときとか楽しそうにしてらっしゃいました)、「ああ、丹下さんもエレカシファンなんだなー」と思いました。当たり前か。

No.曲名回数
1夢のちまた2回目
2俺の道3回目
3 女神になって初!!
4 石橋たたいて八十年初!!
5 暮れゆく夕べの空初!!
6悲しみの果て26回目
7おかみさん5回目
8遁生3回目
9何も無き一夜2回目
10 いつものとおり初!!
11珍奇男11回目
12生命賛歌5回目
13武蔵野6回目
14 季節はずれの男初!!
15 きみの面影だけ初!!
16ジョニーの彷徨6回目
17 地元の朝初!!
18シグナル14回目
19 OH YEAH!(ココロに花を)初!!
20ハナウタ~遠い昔からの物語~7回目
21FLYER13回目
22ガストロンジャー24回目
23ファイティングマン12回目
24so many people11回目
25やさしさ6回目
26今宵の月のように25回目
27笑顔の未来へ17回目
28Sky is blue5回目
29俺たちの明日20回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ