エレファントカシマシDB 2009/10/25(日) 日比谷野外大音楽堂 ちゃーこさんのライブレポート

一番下へ

ちゃーこさんのライブレポート

本日はチケットが手に入らず、一縷の望みをかけ「譲って下さい」ボードを作りつつ外聴き覚悟で日比谷へ。
連れと二人でボードを持って立つが、チケット入手できないまま17:00になってしまい、もうあきらめて外聴きの準備を、という段階で、一人の男性が近づいてきてなんとチケットを譲って下さるというではありませんか!
そのとき、メンバーが登場したらしく会場からは歓声が。そして、「奴隷天国」のイントロが流れる中、譲って下さった男性と、連れとともにダッシュで会場へ!
席にはたどりけず通路にて「奴隷天国」を聴く。何分か前には考えられなかった状況が眼前に広がり、大興奮で飛び跳ねる!しかし、先生の「そこのおめえだよ!」攻撃に、「もしかして私はしゃぎすぎか?」と若干不安になり少し控えめに。
表情が見えるほどには前でなかったのですが、やはりちょっとビビりました。表情が見えた方々、さぞかしおっかなかったことと思います。
そのあと、席について「俺の道」。楽曲の素晴らしさと、今自分がそれをここで聴けているという幸せとが相まって思わず号泣。
席はCの真ん中後方で、全体が見渡せるとてもいい場所でした。
「達者であれよ」、聴けて嬉しかった!ライブで聴くと、どの曲も大好きになってしまう。
「おかみさん」が終わったあと、「昨日はちゃんと説明しなかったけど」、と、これから4人だけで演奏することを説明。
「凡人-散歩き-」。ド迫力。「座る電車の座席の前に手すりにもたれる老婆がひとり ああ恐ろしき世間の前に 俺は座席を立つものよ 」すごい歌詞です。
「土手」。前半の静けさとサビの迫力の落差に心が揺さぶられる。「ああ めまぐるしい朝がくる 向こうの空がかすむころ 風の音も消えて また まっ白からはじまる」、ここ大好き。富永さん、すごいです。
「珍奇男」が終わり、また6人に戻って演奏。
「曙光」、すごい声、すごい演奏。後ろにクラリと倒れそうになる。
「コールアンドレスポンス」、この間のJCBホールでは、バルコニー席だったので「死刑宣告」を上から見ていた。今回はばっちり受けられました!幸せ。
そして、「ゴクロウサン」、「ファイティングマン」!踊りまくりました。
本来「ゴクロウサン」はセットリストに無かったようで、皆さんがスタンバイした後で先生が急に「ゴクロウサン!」と言い、そのあとステージがひとしきりバタバタしていました。ステージ上の皆さんは大変そうでしたが「ゴクロウサン」嬉しかった!
アンコールも素晴しい。「あの風のように」、「友達がいるのさ」。「友達がいるのさ」を「俗受けする」と先生仰っていましたが、うーんそうかなー?
「Sky is Blue」、昨日はとても苦しそうでしたが、今日は声出ていました。二日間歌い続けているのに昨日より今日の方がいいなんてほんとにすごい。
その後の「花男」も突然付け加えられたらしく、「ゴクロウサン」のときと同じようなバタバタがステージ上で展開されていました。またしても、嬉しかった!
2回目のアンコール有り!警視庁の隣で聴く「ガストロンジャー」は、いつもちょっとスリリングです。

今回は中に入れたのがあまりに奇跡的で、ずーーっと夢見心地でした。
恥ずかしかったけど、譲って下さいボード持っててよかったな、行動を起こさないと何もはじまらないんだなと感じました。
譲って下さった方、あらゆる意味で神様みたいでした。一生の思い出になりました。ありがとうございます!
そして、私も周りの人に親切にしようと思いました(なんのこっちゃ)。

No.曲名回数
1奴隷天国2回目
2俺の道4回目
3 達者であれよ初!!
4石橋たたいて八十年2回目
5暮れゆく夕べの空2回目
6悲しみの果て27回目
7おかみさん6回目
8 凡人-散歩き-初!!
9やさしさ7回目
10 土手初!!
11珍奇男12回目
12生命賛歌6回目
13 曙光初!!
14季節はずれの男2回目
15ジョニーの彷徨7回目
16人生の午後に4回目
17シグナル15回目
18晩秋の一夜2回目
19翳りゆく部屋6回目
20OH YEAH!(ココロに花を)2回目
21ハナウタ~遠い昔からの物語~8回目
22FLYER14回目
23コール アンド レスポンス4回目
24ゴクロウサン6回目
25ファイティングマン13回目
26あの風のように3回目
27友達がいるのさ4回目
28デーデ12回目
29笑顔の未来へ18回目
30俺たちの明日21回目
31Sky is blue6回目
32花男6回目
33ガストロンジャー25回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ