エレファントカシマシDB 2010/07/17(土) 日比谷野外大音楽堂 普請虫さんのライブレポート

一番下へ

普請虫さんのライブレポート

今年の野音はファンクラブの先行抽選販売を外したので、場内で鑑賞することを諦めていたのだが、こちらの掲示板や自分のブログの記事を読んで、快く立見席をゆずって頂ける方が現れて、場内で鑑賞することができた。

掲示板を貸して頂いた、管理人さんとご厚意を頂いた方々に感謝したい。ありがとうございました。

ブログに詳しいレポートは載せましたので、こちらにはそれとは別のダイジェストの感想を載せます。(レポートの全文は自分のブログに掲載してあるので、そちらを確認してください)

14時半の物販開始の頃から、野音に貼り付いて、リハーサルから楽しむことができた。それにしても、ここ2年ばかりの人気の急騰はすさまじい。しかし、ようやく音楽の内容にファンの人数が追いついてきつつあるような印象はする。

前半の「ド渋」な選曲群にはしびれた。ここまでEPICの楽曲を詰めてくるとは予想していなかったから。「いい意味で」裏切りの連続、心をなで切りにされた感じがする。とくに【ドビッシャー男】と【too fine life】【道】はよかった。

中盤はバラード曲がよかった印象が強い。弾き語りの【月夜の散歩】と【月の夜】は、久しぶりのミヤジ独演パートで、声のよさを堪能できるしばし陶酔の時間だった。【月の夜】はいつもより荒々しかったのでうっとりするようなものではなかった。あと、忘れてはいけない、バラード曲のなかで1番好演したのは【武蔵野】である。

後半はいつもどおりのセットリストに戻った観がある。新曲やニュー・シングルの曲をまとめて、山場を作っていたが、さすがに体力的にきつい夏場だけあって、演奏・歌唱ともに揺れるシーンも多くなった。【男】シリーズの新作【歩く男】の発表が個人的には衝撃的なニュースだった。

アンコールはいつもなら前半・中盤にやるべき【悲しみの果て】や【珍奇男】を混ぜてきて、新曲やレア曲とは別の意味で新鮮だった。ただ如何せん、体力の消耗が集中力に乱れを呼び、バンドと宮本の呼吸がずれたときにはピリリと空気が凍る瞬間があった。(もちろん、以前のようにぶち切れる怒り方ではなかったが)。Wアンコールで披露された新曲は、私には苦手なタイプの曲で、慣れるまで苦労しそうな印象がするものだった。

全体を通して印象に残ったのは、成ちゃんの絶好調ぶりだ。宮本が何度も「ベースっ」と声をかけたように、
何度もハッとするような、ソリッドな音を響かせていた。いつもならギターやドラムの奥で遠くなりがちなベースの音が、今年はよく聞こえて、堪能できた。石君は大人しかった気がする。

それから、蔦谷好位置のコーラスは歌詞がない方がいい。【ハナウタ】はよかったが、【歩く男】のコーラスは感心しなかった。(了)

No.曲名回数
1おはよう こんにちは2回目
2 ドビッシャー男初!!
3ファイティングマン16回目
4うつらうつら4回目
5 too fine life初!!
6シャララ2回目
72回目
8人間って何だ3回目
9星の砂4回目
10パワー・イン・ザ・ワールド12回目
11生命賛歌19回目
12 月夜の散歩初!!
13武蔵野12回目
14幸せよ、この指にとまれ2回目
15友達がいるのさ10回目
16赤き空よ!2回目
17 歩く男初!!
18月の夜5回目
19ハナウタ~遠い昔からの物語~8回目
20FLYER11回目
21ガストロンジャー23回目
22珍奇男15回目
23Baby自転車2回目
24悲しみの果て28回目
25花男11回目
26デーデ16回目
27 いつか見た夢を初!!


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ