エレファントカシマシDB 2010/07/17(土) 日比谷野外大音楽堂 takeさんのライブレポート

一番下へ

takeさんのライブレポート

今日はPA後ろの立ち見席で参戦。

今日はほぼ定刻に開始。先生がステージ向かって左手から一番に登場。会場が一瞬にて一斉に沸きます。
オープニングは「おはようこんにちは」。先生の声が凄まじく出ていて調子の良さをうかがわせました。
続いて「ドビッシャー男」、「ファイティングマン」と、日比谷ならではの選曲?
「野音のために一生懸命たくさんの曲を練習してきました。激シブの曲もやります」とのMC通り、
「うつらうつら」「too fine life」と続きます。
『炬燵にくるまって…』のくだりでは、なぜかボーカル用のモニタを立てて抱っこ(笑)。
そのあと、モニタ倒したときに配線の問題か、ブブブ!とノイズが出て、先生もビックリ。
「人間て何だ」では、蔦谷さんのコーラスがキマるが、その後のMCで今日のリハで初めてやったそうです。
「パワー・イン・ザ・ワールド」「生命賛歌」と歌詞がトんで『にゃららら~』みたいに(笑)。
今日は結構、歌詞を飛ばしてしまった先生でした。カメラが入ってたのに…残念。
「会場の外、聞こえますかー?」みたいな先生のコールに場外から元気なレスポンスあり。楽しい。
19:05頃、やや薄暗くなってきた中、『東京中の電気を消して』と「友達がいるのさ」。
この曲はライブで聴くとついつい涙ぐんでしまいます。
新曲の「歩く男(仮?)」は、ツインギターのリバーブの効いたユニゾン、コーラスのハモリと、
『エレファントシカシS』でないと再現不可能では?(笑)
ちょっとカントリーっぽいような、キャッチーな曲でした。ただ、最近のシングル曲は、曲の構成がちょっと大げさ?な感じもします。

アンコールはいつもよりちょいと辛口な「珍奇男」から始まり、
これまで聴いたことのないほどヘビーな「花男」、
そしてこれまで聴いたことのないほどスピードある「デーデ」。

アンコール2は「新曲」の1曲で終了。
最後、先生はギターをステージにおいてフラフラになりながら退場。
この暑さのなか、2時間半のステージは大変でしょう。楽しかったですよ、ありがとうございました。

実は今回、PAOでも一般でもチケットを取れず、外聴き覚悟で現地に行ったのですが、
お釣りにこだわりながらチケットを定価にて譲ってくださった女性の方、
奥様がご事情でご来場になれないとのことでこれまたチケットを譲ってくださった男性の方、
お二人のおかげで夫婦揃ってライブを楽しめました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

No. 曲名 回数

No.曲名回数
1おはよう こんにちは2回目
2 ドビッシャー男初!!
3ファイティングマン13回目
4うつらうつら3回目
5 too fine life初!!
6シャララ2回目
7初!!
8 人間って何だ初!!
9星の砂4回目
10パワー・イン・ザ・ワールド2回目
11生命賛歌7回目
12 月夜の散歩初!!
13武蔵野7回目
14幸せよ、この指にとまれ5回目
15友達がいるのさ5回目
16赤き空よ!3回目
17 歩く男初!!
18月の夜3回目
19ハナウタ~遠い昔からの物語~12回目
20FLYER18回目
21ガストロンジャー26回目
22珍奇男13回目
23Baby自転車2回目
24悲しみの果て29回目
25花男7回目
26デーデ13回目
27 いつか見た夢を初!!


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ