エレファントカシマシDB 2010/11/20(土) ZEPP TOKYO たわらがたさんのライブレポート

一番下へ

たわらがたさんのライブレポート

左手前方4列目くらい。近い。ステージにキーボードがない。ゴツゴツしたロックなバンドサウンドを期待しつつ待つ。緊張で腹痛が…。客電が落ち、白シャツ黒ジャケでご登場。1発目『脱コミュニケーション』がすでに物凄かった。あの声!トミとせいちゃんの重低音。ライブでたくさん聴きたい。『始まりはいつも』はイントロでまさかと思ったが、聴けて嬉しかった。そして『good morning』はとにかく最高だった!「高速道路を凄いスピードで走ってた頃の曲です。そういうもんだと思ってたので。ちょっと古い曲」。あの照明チカチカの「160キロ…190キロ…200キロ!…」が飛んでしまいそうなほど楽しく、どこまで行っちゃうのかと思った。忙しい新曲ラッシュとプロモーションの日々に、一体いつリハをしてるんだろうと思っていたが、こんな素晴らしい楽しみを用意してくれていたとはビックリ。ありがとう!『彼女は買い物の帰り道』一緒に歌詞を追いながら聴いた。『幸せよ、この指にとまれ』で先生が「アルバムに入ったらびっくりするくらいキラキラしちゃって」とおっしゃったが、私も全く同じことを強烈に感じていたので、光って本当に尊いなと思って涙が出た。『明日への記憶』これもアルバム効果が大きいのか、人生賛歌に聴こえて泣いてしまった。先生の姿に、這いつくばってでも生きていかなきゃいけないんだなと思った。『何度でも立ち上がれ』には大喜び。石君とミキオさんのコーラスもいい。『旅』、個人的には今アルバムで最高にかっこいい曲だと思う。宮本先生にすごく似合う。『さよならパーティー』の不意打ちにも泣いてしまった。「誇れるモノが今は無くってもいい ココロに水を少しかけてやればいい」のところを、前に出て強く身振りで訴えるように歌ってくれた。『男は行く』「エブリィバディ行くぜーー!」とかけ声、椅子でアタマブンブン振りながらのイントロ、絶叫。せいちゃんにいっぱい弾かせていた。いいバンドだな。『習わぬ経を読む男』、始まる前に「聴きたいねー」と話していたので嬉しかった。『寒き夜』ついに聴くことができた。感涙。最後「あんまり練習してなくてごめんー」という終わり方が可愛いかった。『ガストロンジャー』今日のガストは凄く勢いがあり台詞も早口でバンバン出て爽快。最後「う!う!」でトミのほうを向いて「決めろよー!」と叫び、決まった…。文句なしに最高。『今宵の月のように』「…月のようにー」で全員が入って華やかなサウンドになると、「夕暮れ過ぎーてー…」あたりで先生が号泣。「いつの、ひか、かがやく、だろ、あふれる あつい…」と一生懸命歌おうとしている姿にもらい泣き。『ファイティングマン』「さあドーンと行こうぜ!ファイティングマン、ファイティングウーマン!」と叫ぶ。最後は倒れてしまいそうなほどフラフラで絶唱していた。帰り際の投げキッスはギューッと長く気持ちをこめて、2回やってくださった。朧げですが先生語録。「エブリィバディ調子はどうですか。俺は絶好調です」「トミそれ着替えたの?トミ派手なんですよ。ステージに出るとなぜかねずみ色とか…」「どうですかみんな風邪ひいたりしてない?でももう大丈夫。今日で元気になれるよ。まあ無責任なことは言えませんけど医者じゃないんで」メンバー紹介「高緑成治。今日もダンディに決まってます。通気性のいい帽子をかぶってる」「トミ。バンドの兄貴」「石君。相棒です。ザ・おやじ」「スペシャルギタリストミッキー。みきおさんと呼んでます。あったかい男」「総合司会の宮本です。お見知りおきを」
最高の状態、最高の選曲、最高のアクト、本当に最高の時間でした。初日とは思えない!これからのツアーがどう進化していくのかとても楽しみです。

No.曲名回数
1 脱コミュニケーション初!!
2新しい季節へキミと12回目
3俺の道9回目
4今はここが真ん中さ!9回目
5 始まりはいつも初!!
6 good morning初!!
7悲しみの果て28回目
8 彼女は買い物の帰り道初!!
9幸せよ、この指にとまれ11回目
10明日への記憶3回目
11何度でも立ち上がれ2回目
12歩く男3回目
13星の砂8回目
14初!!
15いつか見た夢を6回目
16さよならパーティー11回目
17so many people6回目
18男は行く3回目
19デーデ8回目
20 習わぬ経を読む男初!!
21 寒き夜初!!
22今宵の月のように25回目
23ガストロンジャー21回目
24ファイティングマン16回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ