エレファントカシマシDB 2010/12/12(日) ZEPP SENDAI たわらがたさんのライブレポート

一番下へ

たわらがたさんのライブレポート

先生今日は最初から白シャツ一枚。『脱コミュ二ケーション』、最高の幕開け。声の調子がいいのがわかる。非常に盛り上がった。『真夜中のヒーロー』は嬉しかった!『あの風のように』が素晴らしくて涙。バンド全体が鳴らす鳴らす。あのコード進行はツボすぎる。『始まりはいつも』は今まで聴いたなかで一番ビシッとかっこよかった。『good morning』300キロドライブ最高!「ずっと大事に、丁寧に歌ってる歌です。全部丁寧に歌ってるんだけど。みんなに捧げます」で『悲しみの果て』。刻み込むような丁寧な歌唱、素晴らしい声の伸び。泣かずにはいられなかった。「今日は八百屋みたいにどんどんいいテンポでやってます、ノセてくれてありがとうエブリィバディ!」八百屋って…?『彼女は買い物の帰り道』とてもよかった。「泣かない私は…」のところを「負けない私は…」と歌ってらしたが、歌い終わって次のアコギを持ってから「…泣かない私は…だね」と言い出し、みんなウンウン頷くと「♪泣かない私は幻のなかでまどろむ…」先生がアコギ1本弾き語りで最後まで全部、丁寧に歌い直した。これがものすごいプレミアム感で素晴らしかった!得した気分。どこでだか忘れたが、先生が「かわいいやつらだ」と言ってみんなキャー。『歩く男』石君のギターに「地味!地味!」と何度も言っていたが、今日の『歩く男』はもの凄くかっこよかった。「秋の夕暮れー!夏の夕暮れー!ひとの……人の夕暮れぇーー!」「歩いていこうぜーー!歩けー!」泣けた。『星の砂』もちろん盛り上がりまくり。今日はせいちゃんの帽子奪ったりせず。「新しいアルバムから一曲。大事な曲になるような気がしてます。アルバムのタイトルが歌詞に入ってるので」と言って『旅』。エレカシ節炸裂の素晴らしい傑作。『so many people』跳ねすぎて酸欠。最高だった。『男は行く』の凄まじさには卒倒寸前。男、宮本。最高潮のまま本編終了。鳴り止まぬアンコール、先生黒シャツで再登場。いつだったか、「エブリィバディ今日はありがとう!俺はみんなに、元気をもらったぜーエブリィバディ!お互いさま!」と言っていた。『風に吹かれて』は今日も素晴らしい声だった。男椅子をひきよせ『夜の道』。聴き入る会場。月の光と虫の音の中にいるような気がした。余韻に静まり返っていた会場も、次の『習わぬ経を読む男』で、再びテンションアップ。石くんに「ギター弾いてる最中に俺のこと横目でちらちら見るのやめてくれる?不安になるとすぐ人のこと見るんです。もっと堂々としなさい」と。仲良し。「デーデ」って口で言ってからの『デーデ』。会場大喜び。『ガストロンジャー』宮本さんはオーオーオーの部分は下のパートを歌い、会場みんなが上を歌っていた。盛り上がって凄かった。そして最後、石君のギターで始まる『ファイティングマン』。これはもう鉄板、大盛り上がり。最後の「べいびー、ふぁーいてぃんぐまん!!」は会場全体が叫んでいた。最高。エレカシ、最高。本当にどうもありがとうございました。このツアー、参戦するたびにものすごくパワーアップしているので、次の名古屋が楽しみでなりません。

No.曲名回数
1脱コミュニケーション4回目
2新しい季節へキミと15回目
3真夜中のヒーロー4回目
4あの風のように10回目
5始まりはいつも4回目
6good morning4回目
7悲しみの果て31回目
8彼女は買い物の帰り道4回目
9幸せよ、この指にとまれ14回目
10明日への記憶6回目
11何度でも立ち上がれ5回目
12歩く男6回目
13星の砂11回目
144回目
15いつか見た夢を8回目
16さよならパーティー14回目
17so many people9回目
18男は行く6回目
19風に吹かれて10回目
20夜の道2回目
21習わぬ経を読む男3回目
22デーデ9回目
23ガストロンジャー24回目
24ファイティングマン19回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ