エレファントカシマシDB 2010/12/12(日) ZEPP SENDAI せいさんのライブレポート

一番下へ

せいさんのライブレポート

同居人の里帰りを兼ねて遠征。席は離れたけれど、その母も誘っての2階席。
zepptokyoではあえなく見えなかったけど、今回はステージ全体が見える最高のポジションでした!ミヤジ白シャツで登場。
ここでようやく、石くんがどれだけ低い体勢にしてたのかを目の当たりにしました。ギターが地面に付くんじゃないかと思った。
前半MCなしでどんどんと進む感じに気合いと調子の良さを感じる。その後“八百屋っぽい感じで進んでる”的なことを言っていました。
「彼女は買い物の帰り道」。すごく穏やかで温かい歌い方をしていたのが印象的。「泣かない〜」のところから歌い直しした
弾き語りのオマケ、グッときました…!その流れでの「幸せよ、この指にとまれ」がなんだか更に泣けて、
「何度でも立ち上がれ」の最初のサビのとこで、石くんが低姿勢のままグイーッ!とマイクを低く寄せてコーラスし出したのが見えて大笑い。
「いつか見た夢を」でもジワっときました。近頃なぜだかこの手の明るい曲で泣けます。
アンコールは黒シャツ。「夜の道」の解説を遮られ先生お客さんにピシャリ。でも会場はなんだかあったかい雰囲気に。
「気持ちは伝わった、でも人が話し終わってからにしてください」らしいことを言ってそのまま曲に。
口笛のとこで一瞬ギターが危うくなりましたが、綺麗でした。みんなすごく聴き入っていた。その後「習わぬ経を読む男」で
思い切り曲調が変わり、叩き起こされたような感覚。あと「デーデ」でだったと思うんだけど、指を大きく広げてテンポにあわせて
股間をポンポンしてました。なんで?「ファイティングマン」でビシッと締め、2時間ちょうどで終了。
行く前は曲を聴いて「うるさい」と言っていたらしい同居人の母も、すごく良かった、元気もらった!と言っていて、一安心でした。

No.曲名回数
1脱コミュニケーション2回目
2新しい季節へキミと3回目
3真夜中のヒーロー3回目
4あの風のように4回目
5始まりはいつも2回目
6good morning2回目
7悲しみの果て9回目
8彼女は買い物の帰り道2回目
9幸せよ、この指にとまれ6回目
10明日への記憶3回目
11何度でも立ち上がれ3回目
12歩く男4回目
13星の砂5回目
142回目
15いつか見た夢を4回目
16さよならパーティー4回目
17so many people3回目
18男は行く2回目
19風に吹かれて4回目
20 夜の道初!!
21習わぬ経を読む男2回目
22デーデ4回目
23ガストロンジャー6回目
24ファイティングマン7回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ