エレファントカシマシDB 2011/06/11(土) 名古屋市公会堂 ラスさんのライブレポート

一番下へ

ラスさんのライブレポート

この日、朝は雨が降ったり止んだりでしたが午後は雨が上がり晴れ間が出てきた。梅雨時期でしっとりした季節。
名古屋市公会堂は煉瓦造りの古めかしい建物でレトロ感たっぷり。中に入るとこぢんまりして1階後方には2本の柱が。ちょっとビックリ。これ後ろの人見難くないのかな?
私は1階の「な」列。(私の隣の席は3つ空いていて最後まで誰も来なかった)3階席まであり、2階席は舞台端まで伸びてかなり近い。
18:05開演。このホールはさほど響かず音がストレートに届き、ライブハウスのようなダイナミックな音が楽しめた。音響のことはよくわからないけど好きな音だ。
【ゴットファーザー】打ち込みの音が鳴ってダカダン!ダカダン!とトミのドラムが続く。蔦谷さんのキーボードで「好位置―――――!!」と宮本さん絶叫!宮本さんの誕生日前夜ってことで「車から見える街は まるでhappy birthdayのロウソク」ここでニヤリとしたのは私だけではないはず。一瞬スポットライトが石君に当たったみたいだけどなんか場所が微妙ですぐ消えてしまった・・・。
【脱コミュニケーション】この曲はいつも一本足でギターを弾きつつ歌う宮本さんの姿に感心してしまうが、今日も一本足奏法は揺らぐことなくビシッと決まっていた。しかし今日も声が出る出る!ツアー終盤も絶好調!
【九月の雨】ステージをマイク一つ持って彷徨う。「夏が過ぎて~梅雨が過ぎそして秋になりました~」季節感たっぷりに歌う。(ああ夏の前に梅雨が来たら良かったな~なんて思ってしまった)後ろ向いて歌ってたと思ったら「雨!」でくるっと振り向く。今日も七色に変化する歌声に包まれた。
【旅】宮本さんいつものギターソロで「ギターー!」ときたから俺!を期待していたけど無し。忘れたようにギター弾きまくっていた。「旅に出るのさ 火を灯す 熱い思い探す旅路さ」4月から始まったツアーも終盤。遠征もこの名古屋で最後。この曲を聴きながら震災後の不安な気持ちを打ち砕くようなライブをしてくれたエレカシに感謝した。
【I am happy】打ち込みの音が鳴ってなんだろう?と思ったらこの曲!「今日も総理大臣アホ面こいて 説得力ないけど エラそうなフリして」凄い今の日本の現状を強烈に皮肉っていて大変スカッとした!!矢継ぎ早にバンバン出てくる歌詞も小気味良く、「いつもの人生こんなのありかよ 日本一億 日の玉いじけて 小ずるい奴等がおとなの面してよ」凄い歌詞だ・・・。終了後「アルバムgoodmorningに入ってて5回位だと何言ってるかよくわかんないけど10回聞くと味わい深い」と言ってた。
【珍奇男】成ちゃん前に呼び寄せ「おっとっと高緑ー」と言いつつ「もっと弾け!」ベースかき鳴らす成ちゃん!「コンサートでおっとっと!お腹が空いたおっとっと!お腹いっぱいでおっとっと!おやすみなさいーおっとっと!」今日のライブ後のおっとっとを言ってた(笑)すっとこどっこい無し。
【漂う人の性】珍奇男から間髪入れずに「夢から醒めし人よ~」でゾクゾクした。トミのドラムも炸裂!
【赤き空よ!】確かここでカウントとって後ろ向きに腰をクイッと振ったのを見て「え?」と思ったらくるっと振り向いた。石君のTシャツの首、前の部分を掴みつつ肩に腕を乗せて歌い上げる宮本さん。感情たっぷり込めて。
曲終了後、シーンとした中、一人の女性の細い声で「ミヤジ誕生日おめでとうーー!」と声が上がる。その後無反応だったから聞こえなかったかなと思ったら「おじさんなんで、あんまり嬉しくないけど(笑)45歳です。ありがとう。」と宮本さん。観客からおめでとうコールが。会場を温かい空気に包まれた。(勇気ある女性に拍手した!!)
【夜の道】ホールで歌うと宮本さんの声だけが会場の隅々まで響いて聞惚れるけれど、今回は心の中にぽーんと入ってくるような真っ直ぐな音だった。口笛は美しく響き、この会場ならではの夜の道だったと思う。
【悪魔メフィスト】ズドーーーーンと終了!!
アンコール
「2階も近いですね!(2階指差して)3階の人見えますか!そこの1階っていうか2階っていうか見えますか?(1階後方のことかな)見えねえわけねえよな・・・見えるように作ってあるんだから。」ちゃんと見えますよー!最後つぶやくような言葉にちょっと笑ってしまった。
【ココロのままに】物凄い力強い声に思わず力が入る!アンコール一発目に「はじまる はじまる 今からはじまってる 戦おう 戦おう ココロのままに」これはぐっときた。背中を押される!!
【シャララ】いっぱいシャララ言ってたけれど「髭剃ってシャララ」「名古屋にシャララ~!」が印象的。蔦谷さんのキーボードが所々良い仕事!ストリングスなくても豪華な感じになっていた。しかし血管切れそうになりながら「恋をせにゃならぬ!!」と歌うのは宮本さんくらいかなあ。
【極楽大将生活賛歌】「皆に捧げます」と言うので今宵かな?と思ったら!まさかのこの曲!!「さあいってみよーーーう!!」と宮本さんの声が高らかに響き渡った!とうちゃんも、かあちゃんも、にいちゃんも、ねえちゃんも!楽しい!!!終わってすぐにギターのチューニング。
【ファイティングマン】宮本さんやはりこの曲は動き回る!シャツのボタン吹っ飛ばし、蔦谷さんの後ろぐるっと通ってトミの右側(向かって左側)の機材に立ち歌いまくる!今日は行った道を戻りコード絡まらず元の位置に。「知ってるか!全員ファイティングマンだ!!」
Wアンコール
【花男】わーお!大好きなこの曲が名古屋で聞けた!!「生きる屍、こんにちはーーー!届けええええーーーーーー!!!」絶叫!初っ端から凄い凄いっめっちゃ届いてる!!「さ、よ、お、な、らーーーー!」で一文字づつお尻ペンペン♪石君の首根っこをぐいーーっと猫みたいに掴んで前に出したのはこの曲だったかな。あとやたらお尻をふりふりしていたような。
【ガストロンジャー】ふにゃふにゃ動きながら蔦谷さんの方に向かって行きくるっと回って左側にさらに手をヒラヒラぐにゃぐにゃしながら歌って移動(笑)宮本さん石君の右肩をバシバシ叩く!やっぱりこの曲は盛り上がる。アンコールから怒涛の流れ!燃え尽きて終了。
「名古屋また会おうぜ!また来るぜ!!」と言い、投げキッスして退場。21:10頃終了。
<MCその他>
・「名古屋市公会堂は随分久しぶり。エピックの時はよくやっていた会場で。日比谷の野音とかと同じくらい歴史のある建物で、全然変わってない。」90年!という声が観客から上がった。
・「あんまり喋んないつもりでいたんだけど、皆があまりに歓迎してくれたんで。ありがとうエビバデ!名古屋でこんな素敵なホールでコンサート出来て嬉しいです!」
・メンバー紹介で石君の頭にマイクでゴン♪
・会場が暑くてちょっと動くと汗がだらだら・・・。ちょっとぼーっとしてしまった。
・地方のライブではどこに行ったとか街の印象をMCで言うことが多いけれど名古屋は無かったなぁ。

No.曲名回数
1moonlight magic13回目
2ゴッドファーザー8回目
3脱コミュニケーション21回目
4悲しみの果て43回目
5彼女は買い物の帰り道12回目
6歩く男13回目
7九月の雨6回目
821回目
9いつか見た夢を22回目
10 I am happy初!!
11珍奇男24回目
12漂う人の性2回目
13明日への記憶20回目
14赤き空よ!17回目
15夜の道14回目
16幸せよ、この指にとまれ28回目
176回目
18悪魔メフィスト13回目
19ココロのままに2回目
20シャララ4回目
21 極楽大将生活賛歌初!!
22FLYER29回目
23ファイティングマン36回目
24花男7回目
25ガストロンジャー31回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ