エレファントカシマシDB 2011/09/17(土) 日比谷野外大音楽堂 JUNKOKIRARIさんのライブレポート

一番下へ

JUNKOKIRARIさんのライブレポート

Bの前列右側。舞台が近すぎて震える。
最初は3人で前奏。ためてためて白シャツ宮本さん登場。
聴きたかった歴史。渋くて激しいかっこいい歴史でした。野音を実感。リハで最初に前奏がきて、嬉しさのあまりちょっと飛び上がってしまった。素晴らしすぎるはじまり。

「悲しみの果て」では「古い曲、古い悲しみの果て」と紹介。

「ふわふわ」みんなの拳が上がりだし客席も温まりだし、宮本さん自ら頭上で手拍子をあおって、みんながのりのりの手拍子を始めたところで、アンプに乗っかり「うるせえ、黙れ!ボケナス!」
秒殺。面白すぎ。「言われた逆をやってやる!」可愛すぎ。やられた。

ギターを聞いてください、と「勉強、オレ」かっこよかった。

いつサポートが入ったっけ?「太陽の季節」の時はもう演奏されてました。
サポートのお二人が丹下さんの後ろあたりでエレカシ4人の演奏を見ていたのがなんとなく嬉しく。
どこかのメンバー紹介で蔦谷さんの後「オンキーボード!キーボードじゃねえや、オンベース!高緑成治、せいちゃん。」と「オンドラムス富永義之中一時代のダチです。」石くん「今日のためにさらに金髪」さらに?

「無事なる男」のあとだったか、「笑っちゃいますね。・・・あの、いいこと言ってて笑っちゃう。」

あとどこかで、「涼しい風が吹いてきますね、暑いけど、虫の声がして、秋ですね。今日は暑くなくて良かった。だけど熱いな!みんなの想いが!」のようなことを。
涼しいけど、暑いけど、秋だけど、熱いのか。確かに。

散歩の歌「月夜の散歩」と散歩をするのが怖くてしかたなかったころの歌「サラリサラサラリ」は弾き語りで、虫の声と秋の夜空と、時々涼しい風がきて、すてきでした。

「10年前ニューヨーク行った時の歌で、テロのすぐ後で、ニューヨークで、しかも単身赴任で。」石くんにむかって「なんかつまんないこと言っちゃったかな?まぁいいか、いいよな。そんときつくった歌です。と「秋ーさらば遠い夢よー」「ハローNew York!」

「翳りゆく部屋」はマイクひとつで。歌いあげる。息をのんで聴き入る。この曲を歌うところを見てみたいと願っていました。すごくて、自分の体をぎゅっと抱きしめて聴きました。

絶唱で消耗したまま「明日への記憶」

本編最後の「男は行く」は座って始まり、でもものすごい迫力であばれまくっているような感じ。
最後まで座っていたのかもう記憶が定かでない。すごかった。茫然として気づいたら終わってた。


アンコール、黒シャツで。「この会場いっぱいのやさしい感じはなんなんだー!」と。幸せな気分になる。宮本さん汗だくの髪をかきあげて、髪が耳にかかり左側の顔がよく見えた。ライトも当たりすごい男前。
そして「武蔵野」喜びのどよめき。

「生命賛歌」すごい。野音すごい。

「幸せよ、この指に」最後にギタージャジャンとやろうと思ったらギターが裏向きで「ありゃ?」といって表向きにしてジャジャンとひいてました。宮本さんも笑っちゃってました。

そして「おい」と「友達がいるのさ」ここで聴ける幸せをかみしめて。大好き。


アンコール2の3曲ははじけて、拳がどんどんあがってすごい盛り上がりに!
どこかでなぜかギターに靴がひっかかって片足ぬいでましたか?そしてすぐはいた?
歌い終わりにはボタン全開で。


アンコール3短い時間で白シャツにかわって登場。
「ありがとー」マイクによりかかってぜいぜいぜいと肩で息。
ほんとに使い尽くしてくれてる。ありがとう。
「好きな歌」といって「今宵の月のように」

本当に夢のような一日。
すごすぎるセットリスト。
神様エレカシありがとう。
みんなありがとう。

No.曲名回数
1 歴史初!!
2 孤独な旅人初!!
3悲しみの果て2回目
4 ふわふわ初!!
5 勉強オレ初!!
6 無事なる男初!!
7 太陽の季節初!!
8 うれしけりゃとんでゆけよ初!!
9 月夜の散歩初!!
10 サラリサラサラリ初!!
11 ラスト・ゲーム初!!
12 Tonight初!!
13 秋-さらば遠い夢よ-初!!
14 ハローNew York!初!!
15 風に吹かれて初!!
16 翳りゆく部屋初!!
17明日への記憶2回目
18 新しい季節へキミと初!!
19 男は行く初!!
20 武蔵野初!!
21 生命賛歌初!!
22幸せよ、この指にとまれ2回目
23 友達がいるのさ初!!
24笑顔の未来へ2回目
25ガストロンジャー2回目
26ファイティングマン2回目
27 今宵の月のように初!!


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ