エレファントカシマシDB 2011/11/03(木) ぴあ39thFAREWELL “39─THANK YOU─”~車輪小僧の大回転~ 茎さんのライブレポート

一番下へ

茎さんのライブレポート

非常に豪華なイベントでした。
全7組。それぞれに全く毛色が違っていて異文化交流的。
他の出演者も良かったのですが、ここはエレカシだけレポートを。

エンタメ!という感じの出演者が多かったので
エレカシファン以外のお客さん(今回は同行した友達がゆずファンだったもので…)に
退屈されたり引かれたりしないかしらとやや心配でしたが、
むしろ「よかった!」と言って貰えたので嬉しかった。

俺の道をやると思っていなかったので驚きました。
あのメンバーのイベントで、よくやってくれたと思う。嬉!

「今日は呼んでくれてありがとう!
…いや別にみんなが呼んだわけじゃないけど…主催者の人か」
「よくわかんないけどみんなカッコいいぜー」

宣伝です。と、ちゃんと発売日を告知をしてから新曲初披露。

ワインディングロードは考えていた以上に曲の入り方がさりげなかった。
もっと軽やかなアレンジで来るのかと思っていたのだが意外とばりばりしたロック。
ライブだとこうなるらしい!!

次の「まんまで宇宙」にも言えることですが
まだ演奏がこなれていなくて今一つまとまりが無かった気も…
まだまだ進化するかなこれは、と思った。

東京からまんまで宇宙も演奏。やったぁ両方聴けた!
ワインディングロードと全然違うんだけれど
でも何か似ているような…演奏のテンションが似ているのか?

ここから三丁目まで
東京からまんまで宇宙へ
「東京からまんまで世界へー!」

声が大き過ぎるからか、音が割れていた。歌詞が聞き取れん。笑

新しい季節へ君とは、やや高速バージョン。
メンバー紹介もバーッとしていたし、何か全体的に急いでいました。笑
40分強で9曲やるつもりじゃ急ぐか。

イベントは選曲が限られるけど、ギュッと詰まった中身になって良い。

ガストロンジャーはゆずファンやドリカムファンにはどう聴こえたんだろう。
「聖書にも…聖書読んだことないけど…孔子の論語にもきっと書いてあるさ
 胸を張ってさ、そう!」

うって変わって最後は今宵の月のようにで締め。

ここ最近、今宵で締める率が高い気がする。
なんかそういう心境なんだろうな。。

投げキッスして
また会おう!
と去って行きました。

グッジョブだったぜエレカシ!

No.曲名回数
1悲しみの果て22回目
2俺の道7回目
3風に吹かれて9回目
4俺たちの明日19回目
5 ワインディングロード初!!
6 東京からまんまで宇宙初!!
7新しい季節へキミと7回目
8ガストロンジャー20回目
9今宵の月のように16回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ