エレファントカシマシDB 2011/11/03(木) ぴあ39thFAREWELL “39─THANK YOU─”~車輪小僧の大回転~ ラスさんのライブレポート

一番下へ

ラスさんのライブレポート

幕張メッセで行われたイベントはワンステージで凄く暑い。人入れすぎ。フェスのようにほとんど人が入れ替わらないので待ち時間はその場に座り込んで待機。迷子とかトイレが込み合っているとかのアナウンス、ライブ中でもスタッフが叫び続けて声が響いてたりと、勝手が違って戸惑うことがしばしば。エレカシは15:20~なので12:30頃会場到着。ブロックに分かれていて前方はP、真ん中がI、後方がAで入口が違う。(予めチケットに記載されているので選べない)私はA5列目辺りにいたけれど遠すぎて肉眼ではステージ上細かいところが見えず。左右のスクリーンと双眼鏡で見ることに。遠目でも動きで宮本さんは分かりましたが。というわけでざっくりレポ。
14:23頃エレカシ登場。4人+ヒラマさん・蔦谷さん。このイベントのトリはドリカムだったので、ドリカムファンが大半だった。その中で俺の道・新曲2曲・ガストロンジャーというセトリにはあっぱれ!!吉田美和さんも声量が凄かったが、宮本さんは音割れするくらい声出してた。
スクリーンは宮本さんのアップが多くて、それもいいんだけど、アップすぎてカッと見開いた目と鼻だけが画面いっぱいに映ったりして、もうちょっとメンバーとか全体的に撮ってくれるといいなあ・・・。
「俺たちを呼んでくれてありがとう!・・・皆が呼んだわけじゃないけどさ・・・主催者とかさ・・・」メンバー紹介して「総合司会の宮本です!」で観客が爆笑していたので新鮮だった。
「折角のイベントだから新しい曲を!エレファントカシマシの自信作!11/16発売、宣伝です!」きちんとPRしてました。こういうイベントは普段エレカシ聞かない人達に絶好のプロモですね。ロックフェスに来ない人達だと思うので。この曲はライブで聞くと印象が変わって意外。もっとのびのび広がって聞こえる。気合充分、自信満々での演奏!「わかるかい?」の所でふっと優しく語りかけるのでドキッとしてしまった。
「ギターの曲で、・・・ドーンとっ!宇宙へ飛べっっ!ってそういう曲です!」観客はポカーーンとしていたけど、2曲やるとは思っていなかったので嬉しい!・・・しかし「そうっ!」が無かったような。あれ好きなんですが。「東京から真っ直ぐ世界へーーーー!!!」気持ちよかった!!
エレカシファンには待ちに待った新曲初披露!2曲とも宮本さん血管切れてんじゃないかと思うほど気合が入っててラジオで聞いた音源よりも相当重量感があった。来て良かった。
ガストロンジャーは観客からのオーオーオーオーの部分がほとんど聞こえなくて寂しい。前方はどうだったのかな。Aから見ると腕上げてる人もまばら。しかしこの曲初めて聞いたドリカムファンはビックリしたのでは・・・。宮本さんといえばシャツのボタンブチブチ飛ばしまくり、胸をはだけさせて石君抱きかかえていつも通り。
今宵の月のように手拍子がわき起こり、終了。16:05頃。

ゆず→氣志團→トータス松本→エレファントカシマシ→(休憩)→スキマスイッチ→アジカン→ドリカム
氣志團はMCに爆笑、トータス松本はウルフルズのヒット曲連発、アジカンは新曲マーチングバンドを披露+鉄板セトリ。トリのドリカムは流石!圧倒的だった。ラストのサンキュで高校の頃を思い出して思わず涙が。とても得した気分の一日だった。

No.曲名回数
1悲しみの果て51回目
2俺の道16回目
3風に吹かれて23回目
4俺たちの明日34回目
5 ワインディングロード初!!
6 東京からまんまで宇宙初!!
7新しい季節へキミと21回目
8ガストロンジャー39回目
9今宵の月のように33回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ