エレファントカシマシDB 2012/06/30(土) Zepp Fukuoka あんじぇらさんのライブレポート

一番下へ

あんじぇらさんのライブレポート

仕事の都合で開場時間に間に合わないため、2階席にて参戦。
チケットをゲットさせてくれた女神さまに感謝。ばっちり会場全体が見えました。
銅鑼を使うことがあるのかどうか、気になりすぎて、気になりすぎました。

前半戦は、なんだかピッチが全体的に早くて、二階で座ってみているとそのスピードに乗りそこなってしまった感じがした。やっぱりフロアとは違う。
特に最初の3曲くらいは、歌というより衝動、エネルギーをたたきつけるような感じで、
なんだか苛立ってる?ってくらいに攻撃的な印象を受けました。

曲前の前ふりMCすらもほとんどなかったので、よけいにエレカシカオスみたいな感じでした。
MCがないので、曲と曲とがつながってないような印象を受けたところが何か所かあって、
その振れ幅でだいぶくらくらした。
いいとか悪いとかよくわからないけれど、なんかエネルギーをぶつけられる感じ。
おそらく予習不足というか、ニューアルバム、マスターピースをまだ消化しきれてないからかもしれない。
大好きな「地元のダンナ」なのに、歌詞とびからそのままカオスみたいな感じで、
多分そこでスピードから振り落とされたのかもしれない。

「東京からまんまで宇宙」も早かった。でも少し聞きやすくなってきた。
「約束」はやっぱり、よかった。うたがよく聞けた。
「穴があったら入いりたい」「ゲンカク~」「旅」もやっぱり早くてまくっているような感じがしたけれど、楽しかった。

どこでだったか忘れたけれど、成ちゃんが目が見えないくらい帽子を引き下げられて、そのまま弾いてて、
なんか次元みたいだった。

そして、やっと念願の生「珍奇男」が聞けた~!
文句のつけようがない。かっこいい。なんかすごい一体感というか巻き込まれ感があって、
本日の一番。

「七色の虹の橋」歌がきこえて、よかった。

「世界伝統のマスター馬鹿」やっぱり言葉がはっきり聞き取れるほうが好きだから、
ライブのほうが断然よかった。そしてやっぱりカオス。

「飛べない俺」ピアノが弾けるのか?と不思議な緊張感を味わいました。弾けてるんですが、
なんだか、どうかうまくやってくれ、となぜだか祈るような気持ちで聞いていました。
でも、すごくよかった。ひきこまれた。

「我が祈り」ぴかぴかフラッシュが過剰な気がした。ポケモン小学生みたいになりそうだった。
でも帰り道でずっと耳に残ってたのはこの歌だった。まさかサブリミナル?

アンコールの拍手がばらばらで、今一つ協調性というか一体感のない盛り上げヘタな福岡…。
どうしたらいいかわからなくて、いたたまれない気分になる。

それでもアンコールがあって、よかった。
風に吹かれてがきけてよかった。

全体の感想としては、ちょっと荒々しい、なれていない感じ。行けたことを喜んでいる感じ。
ライブで音に圧倒されたり、音に包まれる感じや宮本さんの声がひびく感じを味わいたくて、
高速で走ってる車に必死でしがみついて聞くみたいな感じがした。
だから弾き語りなんかで歌にフォーカスされるとほっとした。
この余裕のなさが、40半ばで失われずに、未だ走ってることがまずすげぇと思う。
こなれた、余裕のある、得意な感じでそつなくやりこなすことだってできるだろうに、
まだまだぎりぎりのところを見せつけて叩きつけて去っていくところは、
やっぱりかっこいい。

でも、欲を言えば、もっともっと入り込んで聴きたい。
やっぱり体調及びスケジュールをコントロールして、スタンディングのフロアで聞くべきだったんだろう。

No.曲名回数
1 大地のシンフォニー初!!
2悲しみの果て4回目
3 地元のダンナ初!!
4東京からまんまで宇宙2回目
5 約束初!!
6 ココロをノックしてくれ初!!
7 Darling初!!
8 穴があったら入いりたい初!!
9 ゲンカクGet Up Baby初!!
102回目
11 珍奇男初!!
12ワインディングロード2回目
13 七色の虹の橋初!!
14 世界伝統のマスター馬鹿初!!
15 飛べない俺初!!
16 我が祈り初!!
17今宵の月のように3回目
18 風に吹かれて初!!
19ガストロンジャー4回目
20ファイティングマン2回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ