エレファントカシマシDB 2012/07/01(日) 広島CLUB QUATTRO ラスさんのライブレポート

一番下へ

ラスさんのライブレポート

朝は雨が降っていてあーあと思っていたのに雲が晴れ晴天に。雨上がりでスッキリ・・・蒸し暑い!!18:08頃開演。宮本さん白シャツ。トミがMASTERPIECEグレーTシャツに左腿穴あきジーンズだった。
【大地のシンフォニー】最初の一声で「あれっ?」っと思った。調子悪い?なんだかイマイチな感じ。ツアー後半疲れが出たのかなと思ってしまったけどだんだん調子が出てくる。
【悲しみの果て】悲しみのPVみたいなライトの当たり方だなあとぼんやり。狭いライブハウスの中雰囲気良かった。
【俺の道】宮本さんの絶叫と共に始まるイントロ。ギター下ろしハンドマイク装備。左前方→右前方へ。キーボードへ向かいおもむろに適当に弾き始める。復活したパイプ椅子に片足をかけ「ドゥドゥドゥドゥッドゥドゥーー!!」石君とトミの方を向きラストへ!
【東京からまんまで宇宙】「広島からまっすぐ世界へーー!」
【約束】ツアー通じて素晴らしい出来。しかもどんどん良くなる。「すぎさりゃ昔↑」と最後音程上げる。今日も渾身の歌。藤井さん最初目を瞑って聞き入ってた。他の会場であった、ラスト曲の途中で入ってしまう拍手も今日は無し。終了後ぼそっと「ありがとう」
【ココロをノックしてくれ】「ケンジーー!」今日も冴え渡る藤井さんのギターソロ!藤井さんは随所にピリッと効かせてくれてカッコイイ。
【Darling】約束とDarlingはこのツアーで堪能したい曲。今日も優しい声に溢れる想い、美しいメロディーが沁みこむ。歌詞がとてもいい。ツアー以外ではやらないかなあ・・・。
【穴があったら入いりたい】「ヒロシマ~ママママ~」前に出てきてノリノリでギターソロ!藤井さんと向かい合ってギター。右→左へ移動。いったん抑え気味になってからラストに向けてずんずん盛り上がっていくのは快感だった!藤井さん宮本さん凝視しててなんとも言えない顔だったw「ヒロシマーー!」石君とにかく楽しそうにギター弾いてた。
【眠れない夜】ようやくドラの出番!初っ端トミがグワーーンと!石君が舞台袖スタッフに何か指示していた(音量?)藤井さん×石君向かい合ってのギター!宮本さん石君と頭ゴツン。ラスト、再び藤井さん×石君2人とも笑顔で楽しそう。藤井さんラスト、機材をいじって電子音を鳴らしてた。終了後、宮本さんタオルが欲しくて石君の所へ行き借りる。すると丹下さんがタオル持ってきて渡そうとするも、「あーいいっ!」と拒否して石君のタオルで顔をゴシゴシ。
【夕立をまってた】宮本さん高速でエレキ弾きながら「ア"ーーヴォーー!」と唸り声を出しトミがドラムを乗せるとピタッと止まる。「ワンツースリーフォー!」とカウント取り、ここから宮本ショー!「ままにならない俺のぉー俺の人生よーー!」ドスの効いた声がグワッとクアトロいっぱいに振動する!目つきが違う。顔を細かく上下ガクブルさせ両手でマイクを握り締め、マイクスタンド倒しジロリと観客を見下ろしつつ上唇をペロリ。さっきまでと別人だ。「今日は暑い暑いと夕立をまってた」空を指差す。確かに今日は暑かったのでピッタリな気がする。どこかで「ママママヒロシマ!」と言ってた。ここでも「フジイケンジーー!」藤井さんソロ。激渋な曲もこなす。モニターに片足かけてギターはその足の膝前にほっぽって絶叫する姿!左手を正面に突き出し親指・人差し指・中指の3本を立てて薬指と小指を握るように折る手の形で「夕立ぅを、むあってたぁああ!」と熱唱。倒れたスタンド起こしてマイクを装着し歌ってた。ラスト、「夕立を、夕立を、夕立を、」何度も何度も。トミも鬼のような形相で必死に叩きまくる。・・・凄いものを見てしまった。
【珍奇男】パイプ椅子を前に。アコギ抱えて背もたれの部分にしっかり座っている。やはり使い慣れてる椅子が合っている様子。今日は後半が凄かった。色々と。「おっとととと、おっとっと、おっとととと、おっとっと」やたら言ってたwマイクスタンド倒しつつ(丹下さん直す)椅子から立ち上がり前方でギターソロ!「高緑ーー!」成ちゃん→宮本さん再びソロ→藤井さんテルミン演奏→3人でギター→成ちゃんへチョッパー指示(石君と藤井さん2人前のめりで宮本さんの方見てる姿が同じでかわいい)→トミのソロ→藤井さんソロ、モニターに片足かけてめちゃうまギター!これには会場湧いた!→石君ソロで前行こうとすると宮本さんそっちじゃねえ!的に藤井さん方向へ突き飛ばすとマイクスタンドごと吹っ飛び藤井さんの足元に崩れ落ちてドターーッと視界から消える。これには流石に藤井さんもビックリした様子。スタッフ出てきて機材直し石君すぐ立ち上がったので怪我はなさそう。終了して石君コール多めだった。
【ワインディングロード】どこかで「全部歌うんだ」(?)とか言ってたような。終了後宮本さん「アー、アー、ウー」と発声していて、初めて聴いた。声の調子は良く無さそう。
藤井さんスタッフに何か話ししていて宮本さん椅子の背もたれに腰掛けつつ気になる様子。「どうしたの?」と聞いたついでにメンバー紹介。「広島が生んだスーパーロックギタリスト!フジイケンジ!」「今日冴えてます石君」(石君髪がオールバックになってた)「ご心配お掛けしましたトミ!私が代わって言います。」「今日もダンディーに決まってます。高緑成治」
【七色の虹の橋】出だしのギターと歌、少し始めて止まり「・・・まちがえちゃった」照れ笑い。仕切りなおして歌い直し。椅子の背もたれをまたいで右足を乗せ、左足は床に。左足を浮かすもんだからちょっとぐらついてた。「手に取ったボードレールの↑」音程上げて歌う。
【世界伝統のマスター馬鹿】「ゆくぜ!」拳を目の前に突き上げる。更に「ゆくぜー!」で手をクイクイ挑発するように動かす。「チラチラ」目に左手で輪を作って当てる仕草。両手でマイク握り締めスタンドごと持ち上げ熱唱!「カモンカモンさあゆくぜー!」手を上に。ラスト無音で「ゴーゴーゴーゴーゴー!」終了かと思いきやゴーゴー言ってる宮本さん、バンド演奏再開してラストもう一度!飛ばしてます!
【飛べない俺】「センスいいから、26歳の頃池袋のヤマハで習ったんですが、この曲はピアノで作ったんで」というような事を。左足がぴょこぴょこ動く。最初から最後まで椅子に座って弾き語っていたと思う。なんだか今日は結構不協和音が響いたような・・・。
【我が祈り】Zeppでクラクラきたライト、今日は客席方向ではなく左横からステージに向かって点滅していたのであまり眩しくなかった。宮本さんギター途中で下ろし、マイク両手で握って熱唱するから弾くの止めたかと思ったら丹下さん別のギター持ってきて交換していた。ラストのストロボ点滅で宮本さんが目ェひんむいて見下ろしていたのでかなりの迫力。石君はとにかくニコニコ笑顔だった。
終了して退場の時、宮本さん投げキッス。
アンコール登場。宮本さん黒いシャツ。「ありがとう」と一言。
あきらかに俺たちの明日ギターを弾こうとして、「あっ」とギターをアコギに変更。
【今宵の月のように】多分急遽変更したんだろう。これは嬉しかった。小さな箱で聞く今宵は格別。
【so many people】飛ぶ!跳ねる!突き上げる!「オーイエー!!」トミが口あけて歯を食いしばり凄まじい顔で叩いていたのが記憶に残っている。会場内の温度が一気に上昇!ラスト「サンキュー広島ー!!」
【ガストロンジャー】おなじみハンドマイクでたっぷり練り歩き、煽り、睨み、鼓舞する。左側でマイクをガッと引っ張り、右側に来て歌う時にはマイク根元のコード部分がぶらんと取れて壊れ音が出なくなっていたw宮本さんキーボードのマイクを代用に取るも、スタッフが別のマイクを持ってきて両手にマイク。一瞬考えてからスタッフの持ってきたマイクを選び、キーボードのマイクは丹下さんが戻していた。何事もなかったかのように歌う宮本さん。ふと見ると宮本さんの髪が七三分けになっていて一瞬サラリーマン代表で歌っているように見える。「俺はな、化けの皮でできてんだよ」「化けの皮取ったら風邪引いちゃうよ」キーボードを椅子に座りえらく前衛的な演奏で弾きまくる宮本さん。絶叫して藤井さんの所へ高速で踊りながら突進。迎え撃つ藤井さん(爆笑することなく)宮本さんの滅茶苦茶なシャウトにギターで応えてなかなか良い勝負だった。成ちゃんの前で「ウッ!ウッ!」とクネクネしながら謎の踊り。ラストは両手ブラブラさせてジャンプしているのでゴリラみたいだなあとぼんやり。「どうもありがとう!」
【ファイティングマン】左→右へ駆け込む。右端のポールに片足をガバッと上げて蹴り上げるような格好。盛り上がりに盛り上がる。ラスト椅子に乗りジャンプかと思いきやそのままストンと降りて両手で投げキッス。
20:05頃終了。硬さが取れてきて周りの要らないものが溶け出して芯が出て来た感じの熱いライブだった!宮本さんノリノリ!怒涛の後半楽しみ!!

No.曲名回数
1大地のシンフォニー7回目
2悲しみの果て61回目
3俺の道20回目
4東京からまんまで宇宙10回目
5約束5回目
6ココロをノックしてくれ6回目
7Darling5回目
8穴があったら入いりたい5回目
9眠れない夜3回目
10 夕立をまってた初!!
11珍奇男31回目
12ワインディングロード10回目
13七色の虹の橋6回目
14世界伝統のマスター馬鹿5回目
15飛べない俺5回目
16我が祈り6回目
17今宵の月のように39回目
18so many people19回目
19ガストロンジャー49回目
20ファイティングマン50回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ