エレファントカシマシDB 2013/09/14(土) 日比谷野外大音楽堂 笑実さんのライブレポート

一番下へ

笑実さんのライブレポート

西宮にてライブ・ビューイング。
おかえりなさい!!
そして、安堵。

ちょっと、ただならぬ緊張感で場内へ。すると、スクリーンに、開演を待つ日比谷の様子が!行ったことはないけれど、いつものあのステージが、客席越しに映し出されていました。なんだか、鳥肌がゾワーッとなり、やっぱり本当に復活を迎えるんだ。。。という実感が込み上げてきました。

あと10分あるわ……と、思っていたら、なんと、定刻に現れた四人!! 登場の背後からカメラが追っかけている映像。慌てました、と同時に涙腺決壊。
館内は立ち上がるでもなく、それぞれがしっかりと、目の前の光景を受け止めている感じ。でも、登場時、やはり拍手。そして、各曲ごとに、温かな拍手が起こっていました。
映画館なので、声援を贈るというわけにはいきませんが、思っていることを、日比谷を訪れている方々が声にして、伝えきってくれている、安心感がありました。その温かな雰囲気にも、感動。会場いっぱいのエレファントカシマシファンにも、泣けてきました。宮本さん、きっと感無量だろうと。そして、曲間に周囲の座席方の泣いている気配を感じました。

はじめ、宮本さんの、時折耳に手を当てる様子にゾッとし、文字通り手をぎゅっと合わせて祈ってました。が、イヤモニターがずれるのを、直していたようでした。

声が艶っぽく、以前よりも伸びやかで、歌唱が圧倒的!!圧倒的!!!
丁寧にと意識しながら、歌に乗せられているココロを感じました。ずっと小さい頃から、こうして歌ってきたのでしょう。また歌えるように回復されて、本当によかった。歌えることが、きっと嬉しくてしたかないんだろうな。胸がいっぱいになりました。
昨年のあの野音でやった曲が次々と繰り出され、もう大丈夫!!という思いが十分に伝わりました。
そして、新曲もとってもステキ!
それから、こちらの映像では、『シグナル』の「今宵の月が~」ところで日比谷上空の白い月がパンと抜かれ、とても美しく、スタッフの方の愛と心意気を感じました。

石くん、成ちゃん、トミ。
蔦谷さん、昼海さん。 
そして、宮本さん。
成ちゃんに、妖怪人間ベム!って言うなんて、宮本さんだけでしょうよ。
いつものエレファントカシマシがそこにありました。

いくら苦しいことに襲われても、ただ全力で戦ってキラキラと輝くんだ。
ぜんぜん平気なふりをして。
本当にかっこいい、大人のあり方だな。

幸せな、ライブ・ビューイングでした。
さあ! 大阪城野音。期待して待っています。

No.曲名回数
1 優しい川初!!
2 ハロー人生!!初!!
3四月の風3回目
4悲しみの果て10回目
5東京からまんまで宇宙3回目
6大地のシンフォニー2回目
7 めんどくせい初!!
8デーデ2回目
9星の砂3回目
10 涙を流す男初!!
11 はてさてこの俺は初!!
12翳りゆく部屋2回目
13風に吹かれて4回目
14 シグナル初!!
15 なからん初!!
16明日への記憶4回目
17 あなたへ初!!
184回目
19笑顔の未来へ4回目
20 ズレてる方がいい初!!
21俺たちの明日6回目
22今宵の月のように9回目
23友達がいるのさ3回目
24so many people4回目
25ガストロンジャー10回目
26ファイティングマン9回目
27花男3回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ