エレファントカシマシDB 2013/09/14(土) 日比谷野外大音楽堂 showさんのライブレポート

一番下へ

showさんのライブレポート

 蝉の声と地面の虫の音が入り混じった日比谷の野音。かと言って夏と秋が入り混じったのではなく、はなはだ蒸し暑い。
 
 復活初日の第一曲目。きっとドーンと行く曲で始まってお祭り騒ぎの泣き笑いになるんだろうと勝手に決めていた自分をあざ笑うかのように「優しい川」のアルペジオが始まった。深みのある声。そして開き直る態度もあからさまに絶叫。そうか、まず声を聴かせたかったんだ。それには「優しい川」がベストだったんだろう。
 
 野音のバイアスの方が強めで、なんだか復活というより、自分が1年ぶりにエレファントカシマシのコンサートに来たのであって、エレファントカシマシは継続していたかのような、悪く言えば拍子抜けするくらい普段のエレファントカシマシだった。「おかえり」という声は前方だったのだろう、ニュースで知った。後方は申し訳ないくらいじっと見守ってただただ拍手を送り続けた。

 「星の砂」の石クンがキレッキレで楽しそうだ。ギターでミヤジに合いの手を入れている感じ。復活を一番喜んでいるのはファーストアルバムの曲たちじゃないかと思った。今日一番良かったのが「ズレてる方がいい」。発表が震災でズレて発売直前に活動休止。そんなにズレなくてもいいだろう。フルスペックのライブで演ったのはこれが初めて。ライブでやるとこんなに良いとは。低音弦の省略コードの力強さがやっぱり好き。ギターで「ドーンと行け」と言われている感じ。この曲で”復活”を実感した。
 
 次のシングルはちょっと微妙だと思った。

No.曲名回数
1優しい川4回目
2ハロー人生!!17回目
3四月の風24回目
4悲しみの果て89回目
5東京からまんまで宇宙6回目
6大地のシンフォニー5回目
7 めんどくせい初!!
8デーデ44回目
9星の砂15回目
10涙を流す男2回目
11 はてさてこの俺は初!!
12翳りゆく部屋10回目
13風に吹かれて39回目
14シグナル16回目
15 なからん初!!
16明日への記憶12回目
17 あなたへ初!!
1811回目
19笑顔の未来へ37回目
20ズレてる方がいい2回目
21俺たちの明日41回目
22今宵の月のように65回目
23友達がいるのさ16回目
24so many people36回目
25ガストロンジャー73回目
26ファイティングマン48回目
27花男27回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ