エレファントカシマシDB 2015/11/19(木) 豊洲PIT たわらがたさんのライブレポート

一番下へ

たわらがたさんのライブレポート

本当に、最高のツアーの幕開けでした。初日からこんなに良くてこれからどうなっちゃうんだろう。全ての公演を見届けたくなってしまったが、ちょっとそれは叶わない。悲しい…。しかしこんな素敵なライブを体験できたことは、確実に自分の中の宝物になっていきます。今回のツアーが、エレカシにとって本当に革新的な、歴史的に凄いものになると確信しました。初めてのハコで、比較的良番でしたが、今回は体力に自信が無かったのでフロントエリアはやめて、一番後方の床が高くなっているところの、手すりに陣取って参戦。視界良好。背は低いが視力は良い私にとっては、とても快適にステージ全体も会場中も見渡すことができて正解でした。初めて拝見した村山☆さんは、やさしく誠実に包むような、寄り添うようなサポートをなさる方でした。何かの曲中で、宮本さんがみんなに「好きです、よくわかんないけど!お互い様だ!」と言ってくれました。宮本浩次に「好きです」って言われるのなら、生きてるって最高です(笑)。エレカシのみなさんも本当に生き生きとキラキラしていて、とても良い雰囲気のライブでした。ニューアルバム発売翌日のライブで、アルバムから全曲(「ほとんど全曲」)やってくれたし、特に新曲群のいずれもが度肝を抜かれるほど素晴らしく、新しいエレカシ時代の幕開けを、堂々と示してみせた渾身のアクトでした。『なからん』『Under the sky』には、ただただ感動。この3年半、全力で歌えなくなった日々もあったけれど…、だからこそ今、この声に出会えているのだと思うと、なんとも言えず泣けました。いろいろツライこともあったし、いろいろなことが変わったけれど、きっとそのすべてが、素晴らしかったのだと。今の宮本さんのこの澄んだ声も、切ない雄叫びも、こんなにも素晴らしい。このRAINBOWツアー、そして『RAINBOW』というアルバムは、つくづくよくできている。エレカシの、ただひたすらに懸命に駆け抜けてきた時間のドキュメンタリーであり、人生そのものの物語になっている。生まれて、生きて、果てていくという物語は、ただそれだけで素敵だ。エレカシさん、いつもありがとうございます。これからもずっとずっと、ついていきます。この壮大な物語を、見届けます!と誓った夜でした。

No.曲名回数
1うつらうつら4回目
2 一万回目の旅のはじまり初!!
3TEKUMAKUMAYAKON2回目
4愛すべき今日3回目
5悲しみの果て53回目
6 3210初!!
7RAINBOW2回目
8 昨日よ初!!
9なからん4回目
10 シナリオどおり初!!
11 永遠の旅人初!!
12Destiny6回目
13ズレてる方がいい11回目
14漂う人の性3回目
15あなたへ6回目
16翳りゆく部屋5回目
17桜の花、舞い上がる道を17回目
18地元のダンナ7回目
1915回目
20ガストロンジャー47回目
21 Under the sky初!!
22雨の日も風の日も3回目
23習わぬ経を読む男5回目
24ファイティングマン41回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ