エレファントカシマシDB - 未来の生命体

一番下へ

作詞:宮本浩次 作曲:宮本浩次

突き刺す真冬の風 この東京で
オレは一体何を見てたんだろう?
あらゆる時代 あらゆる国の
いわ

分類/日付タイトル
アルバム
DEAD OR ALIVE
5 曲目  6'04" BPM=116
ライブ
下北沢CLUB QUE
6 曲目   
ライブ
渋谷クラブクアトロ
8 曲目   
ライブ
新宿LIQUID ROOM
8 曲目   
ライブ
前夜祭 音楽と髭達 ROCK FESTIVAL 2003 『THE GREAT ROCK'N'ROLL MUSTACHE』
4 曲目   
ライブ
KOIWAI ROCK FESTIVAL ロックのほそ道
4 曲目   
ライブ
MONSTER BaSH 2003
4 曲目   
ライブ
なんばHatch
15 曲目   
ライブ
ZEPP TOKYO
15 曲目   
ライブ
水道橋JCBホール
16 曲目   
ライブ
水道橋JCBホール
15 曲目   
ライブ
日本武道館
5 曲目   
DVD/VIDEO
桜の花舞い上がる武道館
5 曲目   
アルバム
エレカシ自選作品集 EMI 胎動記
4 曲目   BPM=116
アルバム
DEAD OR ALIVE (再発売)
5 曲目  6'04" BPM=116
ライブ
渋谷公会堂
6 曲目   
ライブ
渋谷公会堂
6 曲目   
ライブ
さいたまスーパーアリーナ
12 曲目   
DVD/VIDEO
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(通常盤)
12 曲目   
DVD/VIDEO
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(初回限定盤)
12 曲目   
ライブ
新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
19 曲目   
ライブ
Zepp Namba
3 曲目   
ライブ
Zepp Nagoya
3 曲目   
ライブ
Zepp Tokyo
3 曲目   
ライブ
Zepp Sapporo
3 曲目   
ライブ
東京国際フォーラム
15 曲目   
ライブ
東京国際フォーラム
15 曲目   
ライブ
フェスティバルホール
17 曲目   
ライブ
フェスティバルホール
17 曲目   
ライブ
日比谷野外大音楽堂 2022
11 曲目   

セットリストが不完全の為『ライブ』として表示されているものは正しくない可能性があります。

ハンドルネームレビュー
サリンジャー 本当に落ちていく感じが伝わって、引き込まれそうになります。 やけになっているようなところも好きです。 私も越えたい!
SOUこのアルバムでは、この曲と「クレッシェンド・・」が好きです。詩は何だかつらい感じでせつないですが、曲はすごく好きです。
あきらら「堕ちてゆく日々を越えろ・・バイバイ・・バイバーイ!」 やはりもうこの時点でライフの頃の宮本像は既にいない気がする。彼の心中では己自身の道を歩くべく覚悟がすでにできていたのだろう。
Yube力の抜けた歌い方が耳に心地よい。ループを描きながら堕ちていくような感覚。
ダル先日の新春ライブ以来コレばっかり(だけ)聴いてます。改めて、このアレンジはカッッッッッコいい。地元スーパーのレジ待ちで思わず身体がリズムを刻みました。右から聴こえるギターは石君?特に2コーラス目♪全てを未来に預けてきた♪のギターがよっっっし。
普請虫とてもシュールで、この歌の内容を歌詞だけで理解するのはとても難しいだろう。しかし、エレファントカシマシの歌を聞き込んだものであれば、その言わんとするところはわかる。東京という日本の片隅、地球にしてみればちっぽけな街、宇宙にしてみれば砂粒よりも小さい存在の町で、生命や歴史や世界を描いている男。文明のはざまの生命体。「この人生は惰性」そうシニカルにつぶやきもする。「すべてを未来に預けてきた俺の信頼裏切る36年」とは、痛烈である。同業者からの賞賛、「今宵の月のように」での商業的成功を身にまとう、そんな人物には似つかわしくないほどの自虐である。だが、そこで宮本は反転する「でも停滞と病を経て今 自ら落ちてゆく我が身を見る好条件」。「俺は俺を生きている」。弱さも強さも、失敗も成功も、どんな出来事も自分を形作る歴史、生命体としての生きるあがきなのだと。これは「花男」の続編である。そして、「コールアンドレスポンス」の兄弟篇である。さらにいえば、「生命賛歌」と「パワー・イン・ザ・ワールド」の父親でもある。

一番上へ