エレファントカシマシDB 2003/02/21(金) 新宿LIQUID ROOM セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.俺の道

前回は渋谷クラブクアトロ 
1曲目に演奏

02.ハロー人生!!

前回は渋谷クラブクアトロ 
2曲目に演奏

03.クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-

前回は渋谷クラブクアトロ 
3曲目に演奏

04.漂う人の性

前回は渋谷クラブクアトロ 
4曲目に演奏

05.季節はずれの男

06.ああ流浪の民よ

前回は下北沢CLUB QUE 
4曲目に演奏

07.何度でも立ち上がれ

前回は渋谷クラブクアトロ 
7曲目に演奏

08.未来の生命体

前回は渋谷クラブクアトロ 
8曲目に演奏

09.DEAD OR ALIVE

前回は渋谷クラブクアトロ 
9曲目に演奏


Tomoさんのライブレポート

未知~とDEAD~、似た要素のあるこの二曲はセットになっているのだろうか。圧巻はやはり流浪~。二十歳そこそこで‘あめりかノ物真似デナイ’日本のど真ん中を貫くようなブルースを完成させていたのだあー。

No.曲名回数
1 俺の道初!!
2 ハロー人生!!初!!
3クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-2回目
4漂う人の性2回目
5 季節はずれの男初!!
6 ああ流浪の民よ初!!
7何度でも立ち上がれ2回目
8 未来の生命体初!!
9DEAD OR ALIVE2回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
showさんのライブレポート

新宿LIQUID ROOMに行ってきた。やっぱり短かったのだが、クオリティーの高さに私は満足だ。1曲目の新曲。ミヤジ以外の3人がイントロを演奏し、ミヤジの登場。不機嫌そうだ。でたらめな歌詞で叫んでいる。2曲目の新曲は私はかなり気に入っている。この曲のバンドの一体感はかつてなかったほどだ。バックの3人が3人ともすごくキレが良い。石クンは去年から引き続きキレがよいし、成ちゃんも体を揺さぶる程ベースが歌っている。トミのドラムは相変わらずパワフルだ。『クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-』はミヤジがギターを準備している間、トミのドコドコドラムが延々と鳴りつづけている。ミヤジが発言らしい発言をしたのはたった一言だった。『ギブソンのレスポールは重いんだよね』。確かにレスポールはエレキギターの中でも一番重い。さて今日の古い曲は何かと期待したところ、見知らぬ曲が演奏された。新曲だろう。今のミヤジは曲が沸いて出てくるという感じなのだろうか。ところどころ『男』と入っていた、でたらめなのでよくわからないが。次の曲は『民族の血』です。と言いながら『ああ流浪の民よ』へ。『未来の生命体』のイントロでメンバー紹介。成ちゃんのベースがシンプルだが格好いい。最後の『DEAD OR ALIVE』は声が出なくなったようだ。

今のバンドのグルーブ感はここ数年で一番良い状態なようだ。特に石クンのギターが素晴らしい。まぁ『ミヤジの雄たけび』一発で私はやられてしまうのだが。

No.曲名回数
1俺の道2回目
2ハロー人生!!2回目
3クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-4回目
4漂う人の性4回目
5 季節はずれの男初!!
6 ああ流浪の民よ初!!
7何度でも立ち上がれ2回目
8未来の生命体2回目
9DEAD OR ALIVE4回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
スパイダー・ウェブ・ローズさんのライブレポート

THE BACK HORN - リーダーはドラムスの方ということで、ボーカリストはMCをしなかった。このバンドのドラムスは私には苦手な音だった。しかし、若さの爆発を感じました。最後から2曲目がよかった。(2枚目のアルバムに収録だそうな)つまり、私は、バックホーンファンとべらべら話をしていたのです。ドラムがバンドの要であるのはいいことだ。と、思った。1時間演奏。★★★今日は石君が見えました!★★★トミと宮本さん、依然として、長髪。宮本さんは、黒Tシャツに黒シャツ、全部、黒。本日の宮本さんは不機嫌モードでの登場。石君に向かって、ごにょごにょ。トミに向かって、シンバルをマイクで叩く。(近くの方は、機嫌は良かったと言ってたので、気合を入れたのか!!)★★★時々、思い出したかのように、投げキッスをしていたけど、嬉しくなかった。★★★ ①「オレ、生まれてから死ぬまで」という歌詞はできてるようだ。前回も同じように唄っていた。づづづづっづづ~ って書いても、何のことやら? ② この曲は、今までにない感じでした。腰のあたりを、左手で叩いてリズムをとっていたので、タンバリンを差し出したくなるような気持ちになった。③ トミのドラムにやられてしまう。④寄せる波のようなリズム。わかって、ください。いい感じだったんだよ。今日の唄い方と声の方が断然良いです。宮本さん。最後は「戦う人の性」と唄っていました。⑤「レスポールは重くて、体力ないから」と、自然な感じのMCがあった。新曲だよ、新曲。聴きなれない前奏!!これは歌詞もかなり出来てましたよ!う~ん、「朝はいやだ・・・・雨が降って・・・・」だったか?歌詞はもっと出来ていました。曲調はやさしいエレカシ!? 唄い終わって「ギターがちいさかった~!」⑥「民族の血」という新曲(嘘)、このくらいのテンポで、唄をゆっくり聞かせてくれるのも、嬉しい。演奏し慣れているという様子で、余裕を持って唄っていた。観客を睨みつけていたので、こちらも負けじと睨み返した。私が睨み返したのは「いつも何かが背中にたってる~」のとこらへん。⑦良かった。⑧前回と同じくメンバー紹介をした。「総合司会は宮本だ~」がなく、「エレファントカシマシです」と言っているのには、自分=エレカシという気持ちの現れか?⑨いい演奏でした。最後の方は、唄を飛ばしていたけれど。★★★前回よりも、声が良かった。演奏もよい。どんどん、良くなっていくようだ。これで、赤坂まで安心して待っていられます。★★★バックホーンファンの会話①ドラムがいいよねぇ~、ねぇエレカシ凄いよ、全然、音が違うよ。②え?もう、終わり?短くないですか?MC期待してたんです。★★★私事のメモ。帰りの電車を間違えて、1時間帰宅が遅くなった。クアトロの方がよかった。何かが足りない。バクホンさんの若さのようなものを、エレカシにも求めていて、それが感じられなかったからだと思う。もうすでに大人(精神的にも、バンドとしてのスキルも)なんだから、当たり前なんだけど。

No.曲名回数
1俺の道2回目
2ハロー人生!!2回目
3クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-3回目
4漂う人の性3回目
5 季節はずれの男初!!
6 ああ流浪の民よ初!!
7何度でも立ち上がれ3回目
8未来の生命体2回目
9DEAD OR ALIVE3回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
岩さんのライブレポート

新曲は俺の道、ハロー人生、季節はずれの男。何度でも立ち上がれが良かった。

No.曲名回数
1 俺の道初!!
2 ハロー人生!!初!!
3クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-2回目
4漂う人の性2回目
5 季節はずれの男初!!
6 ああ流浪の民よ初!!
7 何度でも立ち上がれ初!!
8 未来の生命体初!!
9DEAD OR ALIVE2回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
ex after meさんのライブレポート

これもよく当たった。1曲増えた歌詞なし新曲はすごく気に入った。かっこいい曲がどんどん出来ててうれしい。が、ライブ自体は、前回の衝撃が凄過ぎたのか、あんまり感激はなかった。

No.曲名回数
1俺の道2回目
2ハロー人生!!2回目
3クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-3回目
4漂う人の性3回目
5 季節はずれの男初!!
6 ああ流浪の民よ初!!
7何度でも立ち上がれ2回目
8未来の生命体2回目
9DEAD OR ALIVE3回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
パワーインザ赤羽さんのライブレポート

初、エレカシライブ!昔からファンだったが生は初めて。圧倒された。この日に見なければこのままずっとCDのエレカシしか知らなかっただろう。

No.曲名回数
1 俺の道初!!
2 ハロー人生!!初!!
3 クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-初!!
4 漂う人の性初!!
5 季節はずれの男初!!
6 ああ流浪の民よ初!!
7 何度でも立ち上がれ初!!
8 未来の生命体初!!
9 DEAD OR ALIVE初!!


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
さらさんのライブレポート

流浪の民が感動した。もちろん新曲もかっこいい。

No.曲名回数
1俺の道2回目
2ハロー人生!!2回目
3クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-6回目
4漂う人の性6回目
5 季節はずれの男初!!
6 ああ流浪の民よ初!!
7何度でも立ち上がれ3回目
8未来の生命体2回目
9DEAD OR ALIVE6回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
映像備忘録さんのライブレポート

ああ流浪の民よ・何度でも立ち上がれ   (Viewsic)

No.曲名回数
1俺の道3回目
2ハロー人生!!2回目
3クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-4回目
4漂う人の性4回目
5 季節はずれの男初!!
6ああ流浪の民よ2回目
7何度でも立ち上がれ3回目
8未来の生命体3回目
9DEAD OR ALIVE4回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ