エレファントカシマシDB 2009/10/25(日) 日比谷野外大音楽堂 ろくたろうさんのライブレポート

一番下へ

ろくたろうさんのライブレポート

野音では古い曲を沢山やってくれる、そう聞いていたので前日からそわそわ、子供に「音楽の勉強をしに行く」と言い残しての久し振りの単独の外出は、若返ったような心持ちでした。立見席の為舞台の様子はまるで見えないのだけど、歓声があがり「出てきたな」と思う間もなく「奴隷天国」が始まりました。三曲目で、これは「風」の中の何だったかなと考えているとき、近くにいた若いカップルが「こっちの方が少し見えそうですよ」と場所を教えてくれました。そのときの男性の笑顔が良かった。「どうもありがとう」と応え、ちょっとおしゃべり。「石橋たたいて八十年」「暮れゆく夕べの空」は素晴らしかったです。来てよかったと思いました。古い曲を一段落した後の「おかみさん」はとても頼もしく感じました。そして又、嬉しいタイムスリップが始まりました。中でも「凡人散歩き」「やさしさ」「土手」を聴いているときは、魂が揺さぶられるようでした。「季節はずれの男」はCDの中で最も好きな曲です。ちょっと重みのある曲なのでライブではどうなるのかなと気になっていたけれど、とてもかっこ良かったです。「とーしーつきーがー」の所で、涙が滲みました。「シグナル」は、最後部の手摺の所まで行って一緒に歌いました。ここなら他のお客さんの邪魔にはならないでしょう。最後部から見た観客の集団の後姿は、まるで魔法にかけられた人達のように見えました。間もなくして、ビールを片手にいい気分になったおじさんが話しかけてきました。手摺に捕まりながら「ここに登りたいね」など一言二言。「シグナル」の途中だったのであまり相手になれず、おじさんは去ってしまい、悪かったかな。「晩秋の一夜」の頃から凄く寒くなり、観客の集団の中に戻りました。しばらくすると、後ろで可愛い声がして振り返ると、お父さんにかたぐるまをされた男の子がいました。曲と曲の間に、宮本さんは何か喋っていたのですが、よく聞き取れず、唯一それが残念でした。「FRYER]が良かった。「コールアンドレスポンス」で嬉しい死刑宣告を受けました。「ファイティングマン」はやっぱり新鮮でういういしかったです。だけど、よくあの大きな声をだし続けられるものだと感心しました。宮本さんの音楽にかける意気込みの大きさを見せつけられ、圧倒されました。しかしこれは意気込みだけの問題ではないとも思いました。声帯の作りが普通とは違い、けた外れに頑丈にできているのかもしれない。それを自覚している宮本さんは、歌うことを役目として真面目に実行しているんだ。成程、選ばれた人なのだ。自然とそういう考えに行き着きました。決して尻つぼみにならず「花男」で盛り上がり、「ガストロンジャー」で盛り上がり、ついにライブは終わりました。姿は見せねども、あの何とも言えぬ力強い歌声に、また来ることを約束させられたような、最後にはそんな気持ちが残りました。

No.曲名回数
1 奴隷天国初!!
2 俺の道初!!
3 達者であれよ初!!
4 石橋たたいて八十年初!!
5 暮れゆく夕べの空初!!
6悲しみの果て2回目
7 おかみさん初!!
8 凡人-散歩き-初!!
9 やさしさ初!!
10 土手初!!
11珍奇男2回目
12 生命賛歌初!!
13 曙光初!!
14 季節はずれの男初!!
15 ジョニーの彷徨初!!
16 人生の午後に初!!
17 シグナル初!!
18 晩秋の一夜初!!
19 翳りゆく部屋初!!
20 OH YEAH!(ココロに花を)初!!
21ハナウタ~遠い昔からの物語~2回目
22FLYER2回目
23 コール アンド レスポンス初!!
24 ゴクロウサン初!!
25ファイティングマン2回目
26 あの風のように初!!
27 友達がいるのさ初!!
28デーデ2回目
29笑顔の未来へ2回目
30俺たちの明日2回目
31 Sky is blue初!!
32 花男初!!
33 ガストロンジャー初!!


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ