エレファントカシマシDB 2011/05/21(土) 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪) 笑実さんのライブレポート

一番下へ

笑実さんのライブレポート

客席が暗転され、メンバーがステージに出てくるとと、「ホントに来た~~」と、心の中で悲鳴。
そして、全身鳥肌で声も出ず。このときは日々更新されるツアー映像を逐一チェックしていたので、
車に乗り、新幹線に乗り、ついに大阪に来たーーッという思いが凄まじかったです。この日を待ち
に待っていたのです。

そして現れたメンバー。今回の席から遠目に見たステージは、まさにウチにあるアルバムジャケットそのもの! さらに、昼間さん蔦谷さんを加えた6人の、最強バンドのシルエットが実際に目の前にある!!
それだけでもう、感無量でした。 

この日の「珍奇男」。すごかったです。
「ちょっとできるかどうかわかんないけど…」と、ボソボソという宮本さんに、客席から声援。
すると、「そんなん言うんならやんねえぞ…笑」というやりとりが微笑ましかった。ちょっと泉谷さんを思い出しました。新曲でもやるのかと思ったら、アレンジを変えていたのですね。
プロにしかできない神業。何基準? 何拍子?? と、合わせるのがめーっちゃくちゃ難しいだろうなあというプロフェッショナルの極致。ブワーーッと昇華させ、最後をビシッと決める。のち、一瞬の静寂。
そして鳴り響く大歓声。ため息が出そうな完全なロックに酔いしれました…。

そして、花見に行かない男の歌、「夢のちまた」。
あんなにキレッキレにシャウトし、メフィストで荒れ狂ったあとの、この声。
あまりに美しく、神々しい。魂ごと、どこかへ連れていかれました。

3・11以来、無力感がつらくなり、好きな歌を聴くことさえ空しく感じてしまう…そんな日々でした。
でも、このツアーでは、ブートレッグで、参戦させて頂いたこの大阪公演で、のちのUstream(仙台)で、
繰り返し繰り返し、心に寄り添ってくれたことに、感謝せずにはいられません。
円熟味を増す、バンドにしかない歌の力。普遍的な、強さや希望。

エレファントカシマシの歌があり、本当によかった!
精一杯の演奏を、精一杯に聴ける幸せに、改めて気づかされました。


…と、一年前を振り返る。トミにこの思いを捧げます。
大好きな、いつもどおりのパワフルトミの帰りを待って。

No.曲名回数
1 moonlight magic初!!
2ゴッドファーザー4回目
3脱コミュニケーション3回目
4悲しみの果て7回目
5彼女は買い物の帰り道2回目
6歩く男3回目
7 九月の雨初!!
83回目
9いつか見た夢を4回目
10 暑中見舞-憂鬱な午後-初!!
11珍奇男3回目
12 遠い浜辺初!!
13明日への記憶2回目
14赤き空よ!3回目
15夜の道2回目
16幸せよ、この指にとまれ5回目
17初!!
18 悪魔メフィスト初!!
19 夢のちまた初!!
20 せいので飛び出せ!初!!
21 極楽大将生活賛歌初!!
22FLYER5回目
23ファイティングマン6回目
24ガストロンジャー6回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ