エレファントカシマシDB 2011/09/17(土) 日比谷野外大音楽堂 ラスさんのライブレポート

一番下へ

ラスさんのライブレポート

蒸し暑く、蝉の鳴く声も聞こえる日比谷野外音楽堂。昨夜東京で雨が降ったので今日はどうだろうと思ったが雨は最後まで降らなかった。空を見上げると雲は早く流れていた。
17:40メンバー3人が出てきて、成ちゃんの渋いベース音が鳴り響く。・・・こ、これは!!!遅れて宮本さんが登場。マイクスタンドへ歩いていく。そして始まる【歴史】私の中のメーターは1曲目にしてMAXに。聴きたいと思い続けていたのでそりゃあもう嬉しかった。リハで何回もやっていたからやるんだ!と期待はしていたけど。「男の生涯にとって、死に様こそが生き様だ」野音で聞けるなんて。言葉をじっくり一言ずつ、森鴎外の生き様、男の美学を歌い上げる完璧な歴史だった。野音は聞いたことのない曲に興奮して舞い上がってしまうけど、今日はもう矢でも鉄砲でも持って来やがれ的な心構えに。
しばらく4人での演奏は続く。
【孤独な旅人】すいません歴史の余韻でよく覚えてない(笑)周囲からはいつの間にか蝉の声から鈴虫の音色に変わっていた。
【悲しみの果て】「ちょっと古い悲しみの果て」これにはちょっと古いバージョンで演奏なのか?と思ってしまった。(普通でした)
【ふわふわ】「金!金!金!金!金!嘘!嘘!嘘!嘘!嘘!」憎たらしくも小気味よく言い放ち「うるせえ!だまれ!ボケナス!俺に命令すんじゃねえバカヤローー!」巻き舌炸裂で痛快!
【勉強オレ】「石君と俺のギターを聞いてください」この曲は単語がいっぱい出てきてどんどん繰り出していくけれどお見事!これは楽しかった!
【無事なる男】「トゥトゥールルルールルルールタララタララ~」と前奏を歌う宮本さん。おおっと歓声が上がった。4人での演奏はここまで。
【太陽の季節】蔦谷さんとヒラマさんが出てきて6人での演奏。目ン玉ひん剥いて凄まじい迫力。地の底から湧き上がるような声だった。目が離せない。ふわふわ~太陽の季節まで宮本さんの表情も声もドスの効いたごっついインパクトで圧倒された。
【うれしけりゃとんでゆけよ】そのままの勢いでまさに飛んでつっこんでいった印象。この曲こんなに迫力あったっけ。
【月夜の散歩】宮本さん一人残ってメンバーは退場。ドブロギターを受取って「当時これでレコーディングしたんです。寺田さんから借りて。それを再現してみようと」観客からの拍手に「間を持たせようとしているので別にいいんですよ」に笑いが。宮本さんがポロンポロンとギターを弾いて静かに優しく歌う。青いライトにステージは宮本さんが椅子に座って一人。そして美しい虫達の音色。素晴らしすぎる夜のひととき。口笛も吸い込まれるように響いた。終了後「散歩が好きで、散歩しなくなったけど地方行くとします。昔ほどしなくなりました。なんであんなに散歩が美しかったんですかね?きっと美しさは変わってなくて見る側の心の邪気が変わってるんですね」確かこんな感じの事を。
【サラリサラサラリ】「古い曲」と、引き続き一人で弾き語り。雰囲気変わって力が入る。この曲の言葉に出来ない胸にグウゥッと突き上げる感じ。終わって呆然としてしまった・・・。
終了後メンバー登場して6人に。
メンバー紹介の時にキーボードで紹介されそうになる成ちゃん。石君にマイク向けられて石君何か喋ろうかと一瞬考えたけど結局何も言わず。髪の毛綺麗な金髪。染め直したとか。遠目だと坊主かと思うほど薄い色に見えた。
【ラスト・ゲーム】「昔の永井荷風のように日々を歌え」「俺の祖国!!」一度生で聞いてみたいと思っていた曲の一つ。荒っぽい声でカッコイイ!!前かがみになってなんだか顔の周り手をヒラヒラさせて不思議なフリを(笑)
【Tonight】「ビルの谷間、デートみたいなもんだ」デート??デートに聞こえたんだけど・・・。「抱きしめてふたりだけのビルの光で踊ろう」って事かな。照明が客席の後ろから明るくなりちょっとびっくりした。
【秋-さらば遠い夢よ-】「暑いけど秋ですね。ニューヨークで単身赴任してつくった曲です」そうか、あれは単身赴任というのか。「9月11日で、テロのおこった日後で・・・余計なこと言っちゃったかな、でも本当の事だしいいよね・・・!」石君コクコクとうなずきトミはニコニコして見てた。この秋がまた優しくてしっとりしてよかったな~さっきうるせえだまれボケナスとか言ってた人とは思えない。曲の見本市みたいだ。この曲も伴奏に虫の音色が響いて雰囲気最高。
【ハローNewYork!】ニューヨーク繋がりでこの曲!滑稽な歌い方で面白くてこういう表現が流石だなと思う。宮本さんの目線でニューヨーク単身赴任時期が歌詞に盛り込まれていて思わず笑ってしまった。「煙草高い~500円よぉ~」でぐにゃっと身体を曲げたり。終盤の高い所は搾り出すようにして苦しいながらもなんとか歌いきった。
【風に吹かれて】「早いもんだ・・・」とか言ってた?
【翳りゆく部屋】すっごく良い雰囲気で聞惚れていたけど一番良い所で歌詞間違えたのが惜しい!蔦谷さんのキーボードが響き渡る。
【明日への記憶】・・・曲名が出てこなくて焦った。ツアーであんなに聴いたのに・・・。
【新しい季節へキミと】早い!記憶に残っているのは成ちゃんが必死でベースを鳴らしていた姿。物凄いカッコよくて静かに燃える男が身体を揺らし高速ベースを弾きまくっていた。
【男は行く】蔦谷さんとヒラマさん退場。4人で本編最後を飾る。椅子にがっつり座ってギターを弾きつつ歌っていた宮本さん。徐々に中腰になってギターを抱え込む。下を向いている宮本さんを凝視しながらベースを弾く成ちゃんをガバッと振り仰ぎ、身構える成ちゃん。すぐさま後ろのトミ、石君の方を見て4人が呼吸を合わせる。宮本さん立ち上がって歩くとギターのストラップ(肩にかけてなかった)が徐々に下に落ちていき、宮本さんの踵にひっかかり、縄跳びのようにくぐって結局肩にかけた。途中までカッコ良すぎて身動き取れなかったのに若干お笑いになっていて苦笑い。成ちゃんとトミよく食らいついていった。
アンコール①
宮本さん黒シャツ、石君グッズのシルエットTシャツ白で登場。6人。
【武蔵野】野音で聞く武蔵野は本当に格別。懐かしくも寂しいような、夏の終りの蒸し暑さを感じながら聞く武蔵野。途中まで吹いていた風がほとんど止まってじっとりと湿度がまとわりつく。
【生命賛歌】宮本さん前奏ギターをガツガツ弾いていたと思ったらすぐさまギターを床に投げ捨ててマイクにかじりつく早業!丹下さん素早くギター回収。宮本さんあまり動き回らなかったけど、ここでステージ左右めいいっぱい端っこまで来て身を乗り出す。石君を前に出し、成ちゃんも前に。石君は足を真っ直ぐ伸ばし爪先立ちまで伸び上がってギュンギュン鳴らしててカッコイイのなんのって。戻る時はコソッと帰るけど。「俺はニッポンがすきだああああ!!!」絶叫!力強く、強く、強く、この国を愛する気持ちが真っ直ぐ届いて泣きたくなった。終了後、歓声と拍手が遠く後方から聞こえたのは外聞きの人達だと思う。きっと日比谷中に届いたであろう生命賛歌。どうしようもなく誇らしく思えた。
【幸せよ、この指にとまれ】すいません生命賛歌のインパクトでほぼ記憶ゼロ。
【友達がいるのさ】「おい」でハッと我に返る。ああ聴けた。野音で聴けたよ。満足。石君と肩組んで連れまわし歌う宮本さん。「おまえらがいるから!」と観客にぐるっと指さして舞台の前ギリギリ端まで出てつんのめってた。そして黒シャツのボタンを胸からブチブチ飛ばし残り2個。アンコール①の素晴らしい流れに物凄いメッセージ性を感じた。
アンコール②
どうやら水を被って来た?青いタオル(多分グッズ)で顔を拭いたけど床に投げ捨てた後ぼたぼたっと水が落ちてきてグワッと髪の毛かき上げ一瞬オールバックに。
【笑顔の未来へ】どうにかこうにか歌っていた状態。宮本さんかなりヘロヘロになってた。
【ガストロンジャー】「一万回目の旅のはじまり!」←これ聴きたかったです。復活して気力で叫ぶ!「野音にお集まりの皆さん!イエエエーーーーー!!!」シャツは全開に。ボタンゼロ状態。
【ファイティングマン】笑顔の未来へより元気になってる。一体どうなっているのか不思議な人だ。
アンコール③
宮本さん白シャツで登場・・・マイクスタンドに寄りかかって突っ伏し暫く動かず。フラフラで大丈夫かと心配になる。そして顔をあげ丹下さんと何か話し、アコギを受取る。トミと話して再びマイクスタンドへ。
【今宵の月のように】「夏だし!!好きな歌いいよね!!」・・・さっき秋って言ってた気がするけどいいよ!夏で!「ポケットに手を突っ込んで歩く」はいつものようにポケットに手を入れて歩いていく。アコギは一応持つもののほとんど弾かずブラブラしていて、ギター弾こうとした時に裏返ってて弾けてなかった(笑)一瞬宮本さんの声だけが響いてラストへ。メンバーの方に向かってジャンプして両手両足床に着いて着地!最後お尻ペンペンして終了。最後は激渋曲かと思いきや、あえての今宵だったのかな。もしかしたら予定外だったのかも。
20:00終了。
個人的には去年よりも良かった。なにしろ歴史に尽きる。
一体どこで言っていたのか分からないMC↓
「知恵を絞って考えてきました」「日比谷野音、20何回目だかの野音!」「優しさいっぱいの会場の雰囲気はなんだ」「蚊もいっぱいいます」「くつろいでください」

No.曲名回数
1 歴史初!!
2孤独な旅人2回目
3悲しみの果て48回目
4 ふわふわ初!!
5 勉強オレ初!!
6 無事なる男初!!
7太陽の季節3回目
8 うれしけりゃとんでゆけよ初!!
9月夜の散歩2回目
10 サラリサラサラリ初!!
11 ラスト・ゲーム初!!
12 Tonight初!!
13 秋-さらば遠い夢よ-初!!
14 ハローNew York!初!!
15風に吹かれて20回目
16翳りゆく部屋4回目
17明日への記憶23回目
18新しい季節へキミと19回目
19男は行く9回目
20武蔵野5回目
21生命賛歌7回目
22幸せよ、この指にとまれ33回目
23友達がいるのさ6回目
24笑顔の未来へ28回目
25ガストロンジャー36回目
26ファイティングマン40回目
27今宵の月のように30回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ