エレファントカシマシDB 2004/08/11(水) MUSIC ON! TV GG04 セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.パワー・イン・ザ・ワールド

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004 
1曲目に演奏

02.一万回目の旅のはじまり

前回は0724YAMABIKARI 
2曲目に演奏

03.化ケモノ青年

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004 
7曲目に演奏

04.友達がいるのさ

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004 
4曲目に演奏

05.生きている証

前回は0724YAMABIKARI 
5曲目に演奏

06.歴史

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004 
6曲目に演奏

07.どこへ?

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004 
9曲目に演奏

08.生命賛歌

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004 
10曲目に演奏

09.花男

前回は0724YAMABIKARI 
9曲目に演奏


showさんのライブレポート

今日は4人だった。勝手に2番手登場だと決めていたが、どうやらギターとベースを見る限り一番に登場のようだ。明日は大阪だから今夜中に出かけるのだろうか。ジョージが登場し、君たちはまだ順番を知らないだろう。みたいなことを言いながらも、見れば分かるか的な雰囲気を残し『エレファントカシマシです』

パワーツアーの時と同じくパワー・イン・ザ・ワールドからパワー全開。今日は音圧が凄かった。音がつぶれることなく大きい。一万回目の旅のはじまりのドラムが私は好きだ。黒い雲がドコドコ沸いてきて石クンのギターが雷鳴のようだ。台風が近づいてくる雰囲気。化ケモノ青年の手拍子は半数以上見られたからエレカシを知っている人も多数いたと思われ。『楽しいイベントに呼んでくれてありがとう』

『友達がいるのさ』聞いたことがない人は『大きなのっぽの古時計』をイメージしていただければ大体そんな感じだ。『ありふれたメロディー、決められたセオリー。最高のメロディー、終わらないストーリー』基本的には『歩こう』というメッセージだろうか。

ミヤジ友達がいるのか。私にはいない。まさかメンバーじゃないだろうな。石クンのことか。

『どこへ?』はなんだか定番みたくなってきた。ギターのリフがノリやすいから盛り上がる。

花男で終わる。パワーツアーの延長のようだった。

10月に MUSIC ON! TV でオンエア。さすがにテレビ会社主催だからクレーンカメラが右往左往。

2番手がDragon Ash、最後がACIDMAN と思われ。

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド9回目
2一万回目の旅のはじまり6回目
3化ケモノ青年9回目
4友達がいるのさ2回目
5生きている証7回目
6歴史10回目
7どこへ?12回目
8生命賛歌12回目
9花男13回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
ケプラーさんのライブレポート

なんとなくエレカシは2番目か3番目なんじゃないかと思っていたが、最初のセッティングがどう見てもエレカシ。エレカシ一番目かーとびっくり(明日大阪だからでしょうか…)。やにわに気分が盛り上がる。一番良かったのが「生きている証」と「友達がいるのさ」(また涙してしまった)。「友達~」では宮本が「俺の友達」みたいなこと歌っているとき後ろに手を伸ばして確かにバンドのメンバーを指していました。他の印象では、石君が宮本に頭をタンバリンで叩かれながら(痛いっ)前に出てきて、いつもの苦しそうな表情でキリキリとギターソロを弾いていたのがかっこよかったです。あと宮本が左右に歩き回って歌っていたときに、マイクコードがマイクスタンドに引っかかってて、そのまま宮本はマイクスタンドを右に左にひきずりながら歌っていました(笑)。全体の音のバランスとても良かったと思います。最後の花男はやっぱり嬉しかった。初めての最前列。何にも煩わされずに堪能できトミまでちゃんと見えました。エレカシ目当てない人が彼らを聞いてどう感じたか興味があります。個人的には、歴然と異彩を放っていたエレカシ、宮本の並外れた声量、ドラムとベースの重みはもちろん、伝える力では誰にも真似できないと思います。ただシンプルに、胸と腹にどすんとくる。何の装飾も無く、いつものように、楽曲だけで勝負するエレカシはとても美しい。

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド6回目
2一万回目の旅のはじまり3回目
3化ケモノ青年6回目
4友達がいるのさ2回目
5生きている証4回目
6歴史5回目
7どこへ?5回目
8生命賛歌5回目
9花男4回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
スパイダー・ウェブ・ローズさんのライブレポート

一番目の演奏。明日は大阪だし、やっぱり。椅子登場で、慌てて前に行ったが、人をかきわける気力もなく、後ろの方できいた。自分の腕がTvに映ってしまうんでないかと思う位置。演奏その他もろもろ、TOURとは違うのね。宮本さんの歌は良かった。

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド8回目
2一万回目の旅のはじまり5回目
3化ケモノ青年8回目
4友達がいるのさ2回目
5生きている証6回目
6歴史6回目
7どこへ?8回目
8生命賛歌8回目
9花男6回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
aoiさんのライブレポート

番号が良かったので最前に行けると踏んでいたらあらら同じ番号が複数いたみたいってことで2列目ゲットした!!新曲いいですな~!!絶対東京電力のCMにタイアップしてほしい!!赤いパンツゴムんとこがチラチラ見えてたよ!!熱いライブでした!!

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド2回目
2一万回目の旅のはじまり2回目
3化ケモノ青年2回目
4 友達がいるのさ初!!
5生きている証2回目
6歴史2回目
7どこへ?3回目
8生命賛歌3回目
9花男3回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
Tomoさんのライブレポート

満足のライブでした。「ドラゴンはチャーミングで、アシッドマンはストレートで好感持てました。」勿論比べるつもりは毛頭ない。しかしタテノリの単調なリズムを耳にしつつ、意識の底では、冨永さんのドラムは陰影があって表情豊かだったな、高緑さんは早いフレーズを一曲目からノリノリで踊ってたな、石森さんは本当にかあいかったな、と思い起こしていた。友達の歌、のどかな歌い出しにおっとりと構えていたら急展開して魂ヲ抜カレタ。最近のエレカシの曲は多分演奏するのが難しい(んじゃないかなーと思う。)それをあの声で、あのセンスで(化ケノモ青年は聴く度に面白くなっていく)、あのとんでもない歌詞で、とっくに大気圏をつきぬけて普通の人じゃ呼吸もできない場所で歌っている・・・何だか自分でも何を書こうとしているのかわからなくなってきた。すみません。

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド5回目
2一万回目の旅のはじまり3回目
3化ケモノ青年5回目
4友達がいるのさ2回目
5生きている証3回目
6歴史5回目
7どこへ?7回目
8生命賛歌7回目
9花男5回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
みずきさんのライブレポート

ブッキングしたんは誰だよ!とつっこみたくなるイベント。まあいいか。そして大方の予想を裏切ってエレカシがトップバッター。うわずることもなく、空回りすることもなく、静かに熱いアクトをみせてくれました。

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド15回目
2一万回目の旅のはじまり11回目
3化ケモノ青年15回目
4友達がいるのさ3回目
5生きている証12回目
6歴史14回目
7どこへ?22回目
8生命賛歌22回目
9花男17回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
ダイスケさんのライブレポート

他のバンドも見れてお得感はあるけどトップバッターで出てこられちゃったら
こっちはエレカシ終わったら居所が無かった!確か帰った。

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド8回目
2一万回目の旅のはじまり5回目
3化ケモノ青年8回目
4友達がいるのさ2回目
5生きている証6回目
6歴史7回目
7どこへ?7回目
8生命賛歌7回目
9花男6回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
映像備忘録さんのライブレポート

化ケモノ青年・友達がいるのさ・生きている証・歴史・どこへ?・生命賛歌・花男

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド3回目
2 一万回目の旅のはじまり初!!
3化ケモノ青年3回目
4友達がいるのさ3回目
5 生きている証初!!
6歴史4回目
7どこへ?8回目
8生命賛歌8回目
9花男3回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
ごづきさんのライブレポート

DAをワンマンやそっち系のイベントではありえないだろう、近距離でまったり見ることができてお得感があった。
アシッドマン、「アレグロ」より「赤橙」が聴きたかった。

No.曲名回数
1パワー・イン・ザ・ワールド3回目
2一万回目の旅のはじまり2回目
3化ケモノ青年3回目
4友達がいるのさ2回目
5生きている証2回目
6歴史3回目
7どこへ?4回目
8生命賛歌4回目
9花男3回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ