エレファントカシマシDB 管理人の日記 2006/07/31(月)

一番下へ

『たかじんの番組を東京で見る方法はないのか?正しいことを言うと問題があるのか』その1285
鮨屋でバイトしていた時である。私は握っていた。子供がくると『サビ抜きで』と言われる。職人は手順を体で覚えているからついついサビを入れてしまう。そういうリズムに慣れてしまっているからだ。先輩もいつも間違えてネタをダメにしていた。私は『サビ抜きで』という注文が入るとワサビの容器にフタをしてしまう。こうするとサビを取りたくても取れない。少しの手間でネタが無駄になることが無い。もっともこれを評価する立場の人間はいなかったので自己満足で終わった。

容器の回収もやった。先輩は適当に回っていたようだ。私はどうすれば一番短いルートで回収できるか地図とにらめっこだ。経験する毎にさまざまなことを考え出す。日本の信号は右折が困難だ。つまり左折のみで行ければ早いはずだ。それには回収ルートを反時計回りにする必要がある。そこまで考えて回収ルートを決めていた。もっともこれを評価する立場の人間はいなかったので自己満足で終わった。

新人には新しいパソコンが割り当てられる。パソコンの性能は加速度的に上がっているので、たった1年でも同じ値段で高性能マシンが買える。それを新人が使い、出来る人間のパソコンは性能が落ちてゆく。

昔はそれを『おかしい』と感じていたが、今は違う。人間は新人で入ってきた状態が一番有能なのだ。やる気に満ち溢れている。もっともこの段階で既に無能な人もいるが、それは本人が悪いのではない。悪いのは採用した『無能な人事』だ。

困ったことには、現場で優秀な人が次の肩書きへ一番近い。『無能な人事』は有能な人は管理職をやらせても有能だと思っているからリーダーとか係長にする。物を作っていたのに人間を管理する立場にされてしまう。そんな能力があるかないかに関わらず、『現場で優秀』『年齢がいった』などの『理不尽な理由付け』によって昇進させられてしまう。

結果的に無能な人はそのレベルのまま無能になるし、有能な人も昇進によっていつか無能なレベルにまで達してしまう。多くの人は昇進がいいことだと受け止めている。それが無能への一歩だという認識が出来ていない。これは経験値が低いのもあるが、おそらく有能な自分は何をやっても有能だと思っているからだし、組織で生きていくには『そうした方が楽』だからだ。

カルロス・ゴーンが有能なのは昇進でなく横入りしたからだ。つまり有能なレベルに落ち着いたらそれ以上いかず、横にスライドする人事をやった方がいいのだが、昇進扱いにならず、給料が上がらない。そこでモチベーションが下がる。『無能な人事』はそこにもどこにも気がつくそぶりをみせない。

私たちが常日頃から疑問に思っているこういう事実は『ピーターの法則』という理論に纏め上げられている。私はこの本をゲラゲラ笑いながら読んだ。ここ数年のヒットだ。自分が有能だと思ったら絶対読むべきだ。人生に関する一大事だ。対策として『無能を装う』という結論にも好感が持てた。

私は30歳のとき、年齢がいったからといって管理職にさせられた。私は現場が好きだったので会社を退職してフリーの契約会社を立ち上げていた有能な友人の会社に入れてもらった。

そして今、私は組織に契約社員として潜入し、客観的に組織を見られる立場にある。無能な人間がゴロゴロしている。恐らく組織を変わったとしてもどこも同じなのだろう。外注さんだから、どんなに頑張ったって昇進がない。これは素晴らしいことだ。(給料も上がらないのだが・・・まぁもともと高いとも言える)

正しい人生の選択をした自分と、有能な友人(彼は昇進したくないから社長になった。それ以上昇進できないからだ)に感謝したい次第である。

Tweets by ekdb_admin

ランダム日記


過去
2024-01|02|03|04|05|06|07|
2023-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002-04|05|06|07|08|09|10|11|12|

一番上へ