エレファントカシマシDB 管理人の日記 202301

一番下へ

『敗北と死に至る道が生活』その5112
 曲名が「yes. I. do」でツアー名が「35th ANNIVERSARY TOUR 2023 YES. I. DO」か。。。
エンジニアとしては大文字小文字が気になる。

あ、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2023年元旦。自宅にて。これから浅草に行きます。

Tweets by ekdb_admin

ランダム日記


『敗北と死に至る道が生活』その5113
 
トースター高跳び
ワンちゃん25m走
お掃除ロボット走り幅跳び
クマちゃん瓦割り
扇風機50m走
赤ちゃん人形綱登り
DVDプレーヤーボウリング
ペンギンちゃん大縄跳び
ネコちゃん落下25m走
電気ケトル綱引き

我が家は今、「魔改造の夜」に夢中。。


『敗北と死に至る道が生活』その5114
 1/7と8山手線の一部が止まるそうです。
普段地下鉄なので全く知らなかった。土曜日山手線で出かけようとしてたので。


『敗北と死に至る道が生活』その5114
 1/6までタワレコで予約すると20%ポイント還元だそうです。実質1,100円引きか。にしても[yes]が翻訳されて「はい.I.do」になってしまうのは私のブラウザのせい?
この投稿をInstagramで見る

@show5_39がシェアした投稿



『敗北と死に至る道が生活』その5115
 なんか爆笑問題の漫才が雑になって笑えない。ベテランになっても現役なのは評価しないといけない?私は大声が聞こえにくい。小声だともっと聞こえにくい。錦鯉の突っ込みの人が理想的。

 とある広告が気持ち悪いのでその社名+ブロックで検索したら、余計に出るようになった。。。興味あるからちゃうねん。クソオヤジの歯の裏なんか見たくない。愛子さまのスマホにも表示されてるんだろうか?庶民の世界を勘違いされてしまう。北のなんとかっちゅう会社。謝って下さい。


『敗北と死に至る道が生活』その5116
 エレカシの横浜と有明2か所申し込んだがどっちも落選。。。FC加入者で行きたい人を振り落とすってなんなんだろう。

 井上尚弥戦を見るためだけに契約したdTVを解約した。のちのち発表されたが、契約なしでも見られる状態に変更されてた。dTVってのは、docomoの端末持ってない人はなにかと不便なことが分かった。
 
この投稿をInstagramで見る

(@show5_39)がシェアした投稿

 
 解約もなんとか出来たが、2度と申し込みたくない。それに比べてNetflixは簡単に解約出来るから、簡単に再開しようと思わせる。イカゲーム2が出たら再開しようかな。チェンソーマンは2話まで見た。それ以上見る気がしない。鬼滅も2話まで見た。どちらも「いきさつは知ってる」という状態。

 妻がいつかジブリパークに行きたいから、テレビ放映の「ハウルの動く城」を見るってんで、横目で見て見た。さっぱり分からない。意味ありげに作っときゃ視聴者が勝手に意味を持たせるだろう。じゃないんだよ。ウエストランドか。

私はアニメを見られる体質ではない。

 そんなことはどうだっていいが、チリビが1位おめでとう!!「2023年コレがバズるぞ!BEST10」発表 引っ張りだこのガールズバンド・Chilli Beans.が1位


『敗北と死に至る道が生活』その5117
 毎年恒例の歳末助け合い&お年玉の募金してくださった方々ありがとうございました。EKDB運営維持費として活用させていただきます。

 アリーナツアー、先行で取れなかったので、一般で申し込んだ。yes.i.doも抱き合わせの新春と野音と2枚予約したんだから当てて下さい。DVDなくなってBlu-ray一択になった。映像はあまり見ないので結局アナログ録音で音声に変換して聴く。イヤホン出力からLINE入力付きのICレコーダーにアナログ録音するのがいろいろ考えなくて簡単だ。


『敗北と死に至る道が生活』その5118
 ジェフベックが亡くなった。Stroll Onが無茶苦茶格好良くて何度も聴いた。それを知ったきっかけはシーナアンドロケッツの「レモンティー」だった。

のちにパクリだと知ったんだけど。


『敗北と死に至る道が生活』その5119
 迷惑メールって言うか、本当のメールすら開かなくなってる皆様こんばんは。たまに迷惑メールフォルダを覗くと、明らかに中華系しか使わないフォントだったり、日本人なら間違えないような言葉の使い方があって「すぐバレんじゃん」と思っていたが、どうやら「利口避け」らしく、ワザと間違えているのだという。通常のシステム設計では絶対に間違えないような所を間違える人が一定数いるので、入力時のチェック体制を敷いていて、裏で「バカ避け」と呼ばれる。「利口避け」というのは、マトモな人は相手にすると厄介なので、バカを、集める仕組みだ。要するに迷惑メールを信じるタイプかどうかフィルターをかけている。そこをすり抜けるバカたちを逆ブラックリストとして集めているらしい。あいつらかなりお利口さん集団だ。


『敗北と死に至る道が生活』その5120
 開拓者。当時の最先端。音楽は永遠。


『敗北と死に至る道が生活』その5121
 今日のセットリストの作曲者、作詞家を一覧にしてみた。
No曲名作曲作詞
1ジョニィへの伝言都倉俊一阿久悠
2春なのに中島みゆき中島みゆき
3まちぶせ荒井由実荒井由実
4First Love宇多田ヒカル宇多田ヒカル
5赤いスイートピー呉田軽穂松本隆
6September林哲司松本隆
7白いパラソル財津和夫松本隆
8化粧中島みゆき中島みゆき
9あばよ中島みゆき中島みゆき
10喝采中村泰士吉田旺
11二人でお酒を平尾昌晃山上路夫
12翳りゆく部屋荒井由美荒井由美
13愛の戯れ筒美京平橋本淳
14異邦人久保田早紀久保田早紀
15ロマンス筒美京平阿久悠
16DESIRE -情熱-鈴木キサブロー阿木燿子
17飾りじゃないのよ涙は井上陽水井上陽水
18あなた小坂明子小坂明子
19恋におちて -Fall in love-小林明子湯川れい子
20恋人がサンタクロース松任谷由実松任谷由実
21木綿のハンカチーフ筒美京平松本隆
22冬の花宮本浩次宮本浩次
23カサブランカ・ダンディ大野克夫阿久悠
作曲:ユーミン4曲、中島みゆき3曲、筒美京平3曲。
作詞:松本隆4曲、阿久悠3曲、ユーミン3曲、中島みゆき3曲


『敗北と死に至る道が生活』その5122
 レッチリがあるから、2月はWOWOWに再加入せねばと思っていたところ、ミヤジも放映があるとのことで、入り甲斐がある。とは言え3月末までの予定だが。

 サブスクも自分でコントロールしないと、何に加入しているのか分からなくなる。あいみょんのFCも甲子園で入ったままになっていたのでFC先行チケットを取れたタイミングで解約した。あいみょんFCは月単位。公式には、ファンクラブ用の席なので、公演までは継続して欲しい旨書いてあるが、入金したものを無効に出来る訳がない。


『敗北と死に至る道が生活』その5123
 タップしようとしているボタンが下にズレるのではないかと、表示が落ち着くまでいったん時間を置く。すると案の定広告が正しいサイズに膨らんでボタンがズレる。表示されたのは小汚い足の指の爪。私は一体何を待っていたのだろう。道に落ちているゲロらしき物を見かけたら違う道を行くタイプなのに。ネットは荒れ放題。雑誌の方が、、、と思ったら週刊朝日が廃刊だそう。週刊誌が終わる。そのうち新聞も終わる。焼け野原だけ残る。

なんていう感覚を印刷機が大量に出版物を増やしていた明治時代の人も感じていたりして。漫画を見るとバカになるとか、ギターを持つと不良になるとか。


『敗北と死に至る道が生活』その5124
 あるかどうかも分からないものを探し続けている皆様こんばんは。

ウチは買ってないが、実家の母は新聞が好きで配達してもらっている。好きというか、スマホが出来ないので、主に情報と言えばラジオか新聞だ。母のフリをして購読者登録しているので、私のアプリでは紙面ビュワーというので全部見られて便利だ。母は虫眼鏡で読んでいるが、老人こそ拡大出来るデバイスの方が便利かもしれない。「二本指でピンチ」とか言っても伝わらないので、そのまま虫眼鏡で見てたらよろしい。

最近の新聞屋は購読者が減ったせいか、やたら営業するらしい。年末ジャンボを買わないかと言われ、10枚買ったらしい。手数料が600円だって。銀座チャンスセンター一番窓口でスタッフが買ってる写真付きの領収書があった。当たってるか調べて欲しいというので、どうせ300円だから私が現金を与えて宝くじを貰って帰ろうと思ったら、50,300円当たっていた。近くの窓口に車を飛ばして換金してきたら10,000円くれた。手数料もらった。


『敗北と死に至る道が生活』その5125
 友人が六階から降りようとして、エレベーターの上下ボタンを押すのに悩むと聞いて当時は理解できなかった。彼曰く下にあるカゴを六階まで移動させるなら上ボタンを押すはずだと言う理屈。自分は下に行きたいのだから下ボタンを押すのが正解なのだが、それは自分主体の考え方だ。日本人の多くは相手の事を考える人種なので、カゴの気持ちになって上ボタンを押すべきなのだろうか?
翻って己自身に鑑みると左スワイプをしろと言われると左から右にスワイプしている。左の画面を表示するには、現在の表示を右に追いやる必要があるからだ。これは果たして左スワイプなのか右スワイプなのか。右も左も分からなくなってきました。


過去
2023-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002-04|05|06|07|08|09|10|11|12|

一番上へ