エレファントカシマシDB 管理人の日記 202308

一番下へ

『敗北と死に至る道が生活』その5194
 誰もが、それありきで仕事をしている。Twitterが仕様変更しようがあちらの勝手だと私は思っている。単なるアプリだ。利用していた行政がアカウント凍結だろうが知ったこっちゃない。そんなものを利用しているからだ。YouTuberだってYouTubeが突然なくなるかもしれない。ビッグモーターの社員はビッグモーターありきで仕事をしているが突然なくなるかもしれない。そんなことを言っていたら日本が突然デフォルトするかもしれないし、地球ありきで我々は生きているが、平均気温が90℃になろうがそれは「人類が破壊してしまった」という自然現象にすぎない。
 のか?

Tweets by ekdb_admin

ランダム日記


『敗北と死に至る道が生活』その5195
 マイナ保険証の顔認証がどうのこうの太郎。そんなことより今の保険証なんか写真もパスワードもなんにも無いから簡単になりすませる。だからマイナンバーカードに移行してんのに。

いよいよ明日ロッキンに行ってくる。果たして大丈夫か。8/5だけ三組キャンセルか。エレカシとChilli Beans.は前方エリア確保済み。


『敗北と死に至る道が生活』その5196
 RIJF2023に行ってきた。入場でアプリが全然反応しない。QRコードのスクショを持ってて助かった。暑いは暑いが想像はもっと辛いだろうと思ってたので、さほどでもなかった。風も抜けるし。ところどころにある雲で時間帯によっては日光が遮られた。割と早い時間帯に行ったはずだが、エレカシのTシャツLサイズとタオルは売り切れ。何枚用意したんだろう。なのでチリビのTシャツとタオルも買ってしまった。その後 Tシャツ、XLでもいいかと思い再度買いに行ったら全サイズなかった。

チリビは3列目で見た。チリビは全員楽しそうにやってて可愛い。ゆるゆる笑いながら始まったのでどうしたんだと思ったらリハだった。一回引っ込んで同じ曲をやってた。

Superflyの代打sumikaが「愛をこめて花束を」をカバーしてて泣きそうになった。あとSuper Beaver のTシャツを着てる人が沢山いて、これまた泣きそうになった。

エレカシは前方エリア28列で見たがちょっと遠めか。みんな元気そうで良かった。去年のロッキンは来てないので、ガストは久しぶりに聞いた。ゆずの前に帰ってきたのでスムーズに帰れた。


『敗北と死に至る道が生活』その5197
 エアコン効いた部屋にいると涼しいけど外に出ると暑い。外は暑いけどエアコンつけてたら涼しい。エアコンつけてなかったら暑い。外より暑くなる。だから外には出ずに部屋でエアコンつけてた。それにしてもエアコン効いた部屋にいると涼しいけど外に出ると暑い。


『敗北と死に至る道が生活』その5198
 貧乏人にバラードをお届けしよう。

 YouTubeで誰にも見られないであろうと油断しているページの探し方。MOV00001 など、撮影機器のデフォルトファイル名で探す。再生数10回とかのやつが出てくる。油断してる分面白い。つまんないけど。


『敗北と死に至る道が生活』その5199
 
『ロッキン』来年は千葉・茨城で計2回開催 サイトで正式発表、25周年を記念

 渋谷さんが怒っている。無理もない。これがアサヒ芸能とかだったら、しょーがねーなー。となるが天下のNHK。なんなん?スクープ気取ってんの?

 そうまでしてスクープ報道するようなことか。ロッキンの最終日、終演と同時にスクリーンに「来年は蘇我、ひたちなかの2箇所で開催!」って、観客が「うわー、ひたちなか戻るんだ、しかも蘇我は継続しつつか!」という驚きと喜びをNHK水戸は奪い去ってしまった。
こんなことされたら、紅白のシークレットゲストを事前に発表されても文句言えない。守秘義務がどれほど重要な事かメディア自体が分かってないって意味が分からない。ということで次回から受信料払いません。あなたたちが原因です。


『敗北と死に至る道が生活』その5200
 
渋谷陽一の声明
を見ると、ひたちなか のみならず、当然蘇我、はたまた他のフェスとの調整などなど各所に色々な根回しが必要で、「そりゃどっかから漏れるわな」という感想。身内だけだってバレかねないのに、関係者がやたら多かったらコンプライアンス意識の低いところから漏れる。誰にも言うなよって、奥さんに伝えたって軽い気持ちで知人に言ってしまうかもしれない。そっちの心配しつつ、現在進行のフェスで演者のキャンセルやら、肋骨が折れたり、雷で中断してみたり。あの歳で凄いストレス。翻れば私自身も定年勝手に伸ばされる割には基本給が減る。同一労働同一賃金なんて嘘っぱちだ。

相手の態度を変えられないとしたら、こっちが変わるしかない。


『敗北と死に至る道が生活』その5201
 妻と行ったファミレスで、ドリンクバーを一人だけ頼む事が出来ない。「あいつ一人分頼んで夫婦で共有すんじゃねえか?」と思われるのが苦で。だから妻と行った時のドリンクバーは二人分、又は頼まない。頼まない時でも氷と水だけはセルフだったりする。怯えながらコップに水を汲む。決してファンタグレープなどを入れてはいけない。「いけない」と言われるとやってしまいそうな自分を妄想して怖くなる。職場でお茶を入れて席に戻る時、この熱湯を今ここで部屋中にぶちまけてしまわないようにそっと歩いて戻る。私がそんな事を妄想してる事に気が付かれないように。60がらみで何の成長もない。だから文字の書かれたTシャツは着ないようにしている。


『敗北と死に至る道が生活』その5202
 何かするには意味があって、その意味さえ理解すれば、何もしなくていいのかもしれない。


『敗北と死に至る道が生活』その5203
 年齢は法律によって「誕生日の前日に加齢する」と定められている。分かりにくい解釈だがそういう建て付けになっている。

 これを理解するには、自分が2月29日生まれだった場合を考えると、すっと腑に落ちる。


『敗北と死に至る道が生活』その5204
 あなたの言う「腹減った」は、戦時中のそれとは明らかに異なるのだから発言に気を付けたまえ。そしてまたこうも言う。「また食い過ぎた」。またか。

腹減った
また食い過ぎたを
繰り返す
本当は腹など
減ってないのだ
物理的には
ぱんぱんなのだ
恥を知れ

みつこ


『敗北と死に至る道が生活』その5205
 スカパーのフジテレビNEXT「きくちから傑作選 Zepp Tokyoへきくちから」を流し見してたら 2015/7/11 LIVE FACTORY のガストロンジャーが流れた。「一兆円儲かったら空飛べるようになんのか!」と叫んでいた。再放送何度かやってる。


『敗北と死に至る道が生活』その5206
 そのあと、どうしたらいいか分からない。

あまりにも世間話から遠ざかっているので、世間話というものが出来なくなった。話題が終わったあと、みんなどうしているんだろう。

職場で少し離れた島からロッキンに行った話が聞こえてくるが、自分も行ったなどと割り込むと、何日目に行ったの?やどのアーティストが目当て?など一通り話が終わったあとどうしたらいいか分からないので、話題に参加しない。

飲み会とかで雑談するのも苦痛でしかない。諸悪の根源は「基本他人に興味が無い」という人としてどうなんだという性格のせいだ。この年で今更直ることもない。困ったものだ。

嘘。困ってはない。


『敗北と死に至る道が生活』その5207
 エアコンの温度センサーって、本体にあるけど、リモコン側にあった方が良くないか?

 そんなことはどうだっていいが、料理は嫌いではないが、レシピ通りやっても、たいして美味くない。多分私のセンスが無いのだろう。センスの部分はレシピに書いて無いからだと思う。あいつらにとって常識の部分が抜け落ちているのだ。だって、急に「ここでフタを外します」って、いつフタしたんだ。火にかけたらフタすんのか?しない場合もあるだろう。「一煮立ち」って何だ。私は一回沸騰を見かけたらそれが一煮立ちだと思うが、沸騰をしばらく続けるのかすぐに火を止めるのかわからない。玉ねぎも透明になるまで炒めるタイミングが分からない。透明になんかならない。肌が綺麗な人の「透明感がある」もよくわからない。

「手首を捻りながら肘の辺りに当たるように仕向けて塩をかける」とかまで書いてくれないとわからない。そうすると長くなるから読まない。マニュアルというのは難しい。


『敗北と死に至る道が生活』その5208
 昨今のニュースを見ると、「男の性欲」が無ければ世の中平和になるのかもしれない。男から性欲取ったら世の中どうなるのだろう。どうせ少子化なんだからあんなもの要らない。


『敗北と死に至る道が生活』その5209



ガチャの内容は赤羽マガジン


『敗北と死に至る道が生活』その5210
 ジャニーズの再発防止特別チームが「同族経営の弊害」についてやめるように提言した。BIG MOTORも同族経営バカ息子が参画してからおかしくなったらしい。ここだけの話私が昔働いていた会社も同族だった。幹部の苗字が全員違うのでそんなことは無いと思っていたら、苗字と名前の1文字目を入れ替えていた。幹部全員芸名かよ。

 車メーカーのホンダ社長は息子に本田を継がせなかった。息子は別の会社「無限」を立ち上げたが脱税で逮捕。やっぱり本田宗一郎はすごい。鈴鹿市を本田市にという提案に激怒したというエピソードも有名。(某トヨタは挙母(ころも)市を豊田市に改称)


過去
2024-01|02|03|04|05|
2023-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002-04|05|06|07|08|09|10|11|12|

一番上へ